スポンサーリンク

Windows7とWindows8をデュアルブート、フリーズ対策に有効

国宝北円堂と興福寺の工事パソコン
国宝北円堂と興福寺の工事

Windowsパソコンのフリーズ対策についての解説です。フリーズして動作しないときも、複数のOSによるデュアルブートにしておけば、正常なOSの方から起動してパソコンが使えます。Windows7とWindows8のデュアルブートの説明です。

スポンサーリンク

Windows8がフリーズした原因

 

ついに、ノートパソコン(lenovo G570)のWindows8がフリーズです。何も反応しません。仕方なく再インストールすることになりました。

 

ハッキリした原因は不明です。ノートパソコンの電源を入れると、BIOSが起動した後、Windows8が起動する最初の場面で、黒い画面のまま止まってしまい起動しません。黒い画面は、電源の切れている真っ黒な画面ではなく、少し明るい灰色っぽい画面です。動作途中で止まっていることが明らかです。

 

完全にフリーズ状態です。固まったままで、どのキーを押しても全く反応しません。電源ボタンを「長押し」して、強制的に電源を切り、再度、電源を入れても、同じ場所でフリーズします。お手上げ状態です。

 

原因については、少しだけ、心あたりがあります。昨夜、ノートパソコンの電源をシャットダウンするときに、スタンバイモード(電源は切らず低電力状態)で電源コンセントを抜いてしまいました。スタンバイモードのまま、しばらくテレビを見てしまいました。そして、スタンバイモードにしているのを忘れて、そろそろ寝ようと思い、電源コンセントから抜いてしまったのです。 これが原因かは不明です。しかし、正常に終了していない可能性が高いです。

 

いずれにしても、今のノートパソコンは、電源入れても固まるだけです。フリーズパソコンでは使い物になりません。

 

スポンサーリンク

再インストールはデュアルブート

そこで、Windows8を再インストールすることにしました。今回のようなトラブルも想定して、どうせならWindows7とのデュアルブートにしようと考えました。電源を入れた後に、Windows7とWindows8のどちらかを選べるようにします。これなら、Windows8に不具合があれば、Windows7へ切り替えて、すぐに作業できます。我ながらナイスアイデアです。新しいOSを使うときは、以前の古いOSが使える方が便利なはずです。

 

今回は、ノートパソコンを全て真っ白な状態にしてから、OSを再インストールします。最初にWindows7をCドライブにインストールして、その後、Windows8をEドライブにインストールすることにしました。

 

ノートパソコンは、lenovoのG570、Windows7プリインストールマシンです。

 

最初に、Windows7をCドライブにインストールします。

 

アクティベーションを電話で行い、Lenovoのサイトで最新のWindows7用のドライバも入れます。

 

Windows7のインストールを終えたなら、Windows7上からWindows8のインストールを開始します。

 

途中でインストールするドライブを選択する画面が現れます。Windows7と別のドライブを選択すればOKです。簡単にインストールできます。

 

無事インストールを終えると、ノートパソコンの電源を入れた時に、OSを選ぶ画面、ブートローダーが起動します。

 

ブートローダーの設定は、専用ソフトでもできますが、Windows8上からも簡単に設定可能です。

デュアルブート

 

スポンサーリンク

ブートローダーが立ち上がらないとき

デュアルブートのはずなのに、ブートローダーが立ち上がらずに、そのままWindows8が立ち上がってしまう場合は、簡単にブートローダを立ち上げるよう設定できます。

 

Windows8の画面右上をポイントして、「設定」を選択。

 

デュアルブート

 

「PC設定の変更」を選択

デュアルブート

 

「PCの起動をカスタマイズする」を選択。

デュアルブート

 

「オプション」の選択画面で、「別のオペレーティングシステムの使用」を選択

デュアルブート

 

Windows7を選択すれば、次回起動時にはブートローダーが立ち上がります。

デュアルブート

 

コメント