まったくメリットがない「自作オンラインストレージ」、それでも導入

スポンサーリンク
旧 国立競技場 2014年パソコン
旧 国立競技場 2014年
パソコン

「自作オンラインストレージ」の解説です。無料のオンラインストレージは、やはりデータ漏洩などが心配です。そこで自作しました。ノートパソコンにUbuntuをインストールして「ownCloud」で実現しました。しかし、やむを得ず断念しました。

スポンサーリンク

パソコンが真っ黒になりデータが失われる

 

少し前、2014年1月頃に、職場のパソコンが、突然反応しなくなりました。キーボードを軽やかに叩いていたところ、突然画面が真っ黒になり、パソコンと一緒に私も固まりました。

 

すぐに専門会社へ修理を依頼したところ、ハードディスクが物理的に壊れているので、データ修復は不可能と言われてしまいました。

 

仕事の重要なデータが、3年分突然消失しました。バックアップをとってませんでした。かなりの精神的ショックで、その後、しばらく立ち直れませんでした。

 

そんな苦い経験から、オンラインストレージとして「Googleドライブ」と「Yahooボックス」の2つを使うようになりました。無料版は容量が少なくて、そろそろ満杯になってきました。

 

有料版へ切り替えようか迷っていたところ、再び不幸な出来事が発生しました。職場の同僚が、外出先の居酒屋で、会社のノートパソコンを盗まれてしまいました。重要データが紛失し、会社から「厳重注意」の処分を受け、かなりヘコんでしまいました。

 

オンラインストレージも、セキュリティは万能ではありません。特に「情報漏えい」を考えると、他人へ任せるのは危険です。自分で「オンラインストレージ」あるいは「ファイルサーバー」を構築して、こまめにセキュリティをチェックする方が安全です。また自作なら、オンラインストレージの容量アップのために、費用をかけることもなく節約になります。

 

スポンサーリンク

オンラインストレージの比較

 

2014年2月現在のオンラインストレージの比較です。

 

Googleドライブ
15GB無料
100GB 月5ドル、年間60ドル およそ7,000円

 

Yahooボックス
5GB無料
105GB 月700円、年額8,400円

 

Dropbox
2GB無料
100GB 月9.9ドル 年額13,000円

 

比較すると、それほど大きな差はありません。Googleドライブが少し安いです。

 

スポンサーリンク

「自作」オンラインストレージに挑戦する理由

 

自作のオンラインストレージに利用するパソコンは、古いノートパソコンでも、ハードディスク容量が80GBあるので十分です。

 

また、定年後の再就職を考えたとき、日本の将来は、さらにネットワーク社会になっていることは間違いありません。そのためにも、「Linuxによるネットワーク技術」を習得したいと思いました。自作のオンラインストレージに挑戦し、Linuxを勉強しようというわけです。

 

そして、以前、Windows7とWindows8のデュアルブート環境構築の記事を書きましたが、どうせなら、Linuxの上にWindows7とWindows8、さらにはWindows XP も載せようと思います。

 

デュアルブートではなく、仮想PCとして構築するわけです。

 

Windows7とWindows8のデュアルブート環境は、起動時にOSを選択できるので便利です。しかし、二つのOSを同時に使えないことや、Cドライブの中身が覚えづらいデメリットがあります。ファイルの位置が、それぞれのOSで異るため、ファイルを探すのに迷ってしまいます。結果として、Windows7しか使わなくなりました。とても残念な使用方法でした。

 

スポンサーリンク

デュアルブートより「仮想PC」が便利

 

インストールの目標は次のとおりです。

 

OSは、「Linux」の「Ubuntu」

 

その上にWindows7とWindows8を仮想PC(VirtualBox)上で動かす。

 

VirtualBoxが使えるUbuntuは、次のとおりです。

 

Ubuntu 13.04
Ubuntu 12.10
Ubuntu 12.04 LTS

古いノートパソコンなどは、Ubuntuよりも軽量版のLinuxが良いです。

 

軽量版Linuxの「Lubuntu」は、PAE に対応していない CPU では 12.04 までが動作可能とのことです。

 

Ubuntuのバージョンで、LTSとあるのは「サポート期間が長い」という意味です。

スポンサーリンク

インストール作業

 

Ubuntuは、インターネット上から無料でダウンロードできます。800MBほどあるので、DVDに焼いておくと便利です。

 

インストールは簡単です。ネットワークへ接続した状態でインストールすれぱ、ネットワーク設定も自動的に行われます。

 

無料で利用できるオンラインストレージサーバーは、「ownCloud」です。Apache2と、MySQLを使います。

 

仮想PCは、「VirtualBox」です。

 

いずれも無料で利用できます。Ubuntuは原則無料です。

 

インストールを完了して、実際に稼働させて「テスト」しているときに、テレビでニュースが流れました。

 

「ノートパソコンから出火」

 

どうやら、24時間稼働のノートパソコンが原因です。ACアダプターから出火したらしいです。

スポンサーリンク

24時間稼働を「断念」

 

パソコンが原因で家事になるニュースは、とても珍しいです。スマホのバッテリーや乾電池から出火するニュースは時々見かけます。

 

私は心配性なこともあり、すぐに自宅でテスト稼働しているノートパソコンとACアダプターを手で触りました。するとACアダプターの方は、やけどするくらい熱いのです。手で触っていられないほどです。

 

(これは、まずいかも、出火も夢ではない!)

 

ノートパソコン本体は、少し暖かい程度なので問題ありません。しかしACアダプターは、やけどするほど熱いのです。ノートパソコンは、ほぼ1週間24時間稼働させました。普通のノートパソコンを24時間稼働させるのは「危険」と判断し、仕方なく「シャットダウン」しました。24時間稼働させるには、サーバー専用マシンが必要だとわかりました。

 

それからも、インターネットで24時間稼働について調べると、「電気代も高くなる」という情報がありました。ちょうど昔買った電力計「ワットモニター」があるので、コンセントに差して計測しました。すると、1日の電気代が16円ほどです。1ヶ月で、およそ500円でした。

 

自宅でノートパソコンを常時稼働させると、電気代が月額500円、さらに火事の心配もしなければならない。

 

これは、イヤです。イヤ過ぎます。

 

私は、自宅でパソコンを24時間稼働させることを断念しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました