うな重を土用の丑の日に食べるなら石橋亭と伊豆栄本店

土用の丑の日にうな重

年に一度、土用の丑の日にうな重が食べたくなってしまいます。

夏バテを乗り越えるためにも栄養を補給したくなります。

うなぎは、間違いなく高級料理ですが、値段も様々です。

どうせ、年に一度だけ贅沢するなら、老舗と呼ばれるうな重を食べたいものです。

そこで、2017年は、上野にある老舗、伊豆栄本店のうな重を、持ち帰り弁当で注文しました。

伊豆栄本店のうな重 竹

伊豆栄さんは、江戸時代中頃からうなぎ料理を伝えています。まさしく老舗です。

うな重は、うなぎの大きさで、松、竹、梅となります。

値段は、税込みで、松2,700円、竹3,780円、梅4,860円です。

親戚の分も含めて5人前注文しました。1週間前に電話で予約してあったので、待ち時間なしで持ち帰りできました。短時間でしたのでマイカーを伊豆栄本店さん前の道路に停車して、取りに行きました。

きも吸い(持ち帰りはポット持参で)324円

普通の松竹梅とは並びが反対だそうです。

持ち帰りのうな重です。容器も老舗です。

どうですか、ボリュームも満点、これで竹です。

伊豆栄本店さんのうな重は、ほんとに絶品です。

写真のように見た目もおいしいのですが、香りから申し分ないです。

うなぎの味がしっかりとして、歯ごたえもちょうど良いです。伝統の味を継承しています。感動の味です。

土用の丑の日とは

土用(立秋、8月7日頃から18日くらい前までの期間)

丑の日は、干支で日数を数えたときの丑(うし)の日です。干支は12ですので、12日間周期です。

この両方の組み合わせ、18日間と12日間の周期なので、毎年、日が変わります。

なぜ、うなぎかと言うと、「う」から始まるということです。そして、うなぎの旬は冬ですが、夏は売り上げが落ちるので、あえて夏の日に設定し、宣伝をしたのが習慣になったとのことです。

本郷の石橋亭のうな重

昨年(2016年)は、文京区本郷三丁目近くの老舗、石橋亭のうな重でした。

写真をとり忘れたのですが、味は覚えてます。

なにしろ、ふんわりとした歯ごたえと、少し焦げ目をつけ、焼いた香りが調和し、絶品でした。

石橋亭も伊豆栄も絶品です。

値段は、3,600円でした。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする