「高齢者」や「老後」の年齢はいつから?、「おじさん」は「感じ方」

スポンサーリンク
その他
グアムの海 2005年

年齢別の「呼び方」の解説です。「高齢者」や「中高年」、「おじさん」や「おばさん」という言葉は、何歳から使用するのが正しいのか解説します。いずれも人それぞれの「感じ方」によるものです。「高齢者」や「老後」は65歳以上から使うことが多いです。

スポンサーリンク

年齢別の呼び方の定義

 

中年・高齢者やおじさん・おばさんなどの年齢別の呼び方については、明確な定義がありません。呼び方は、見た人の「感じ方」で表現しています。これが正しいという呼び方はありません。時代により変わるものです。

 

しかし、年を取ってくると、面と向かって呼ばれると嫌なものです。「おじさん」とか「高齢者」とか言われると感じ悪いです。

 

会話の中で相手を呼ぶときは注意しましょう。相手が怒ってしまい、返事してもらえなくなる可能性があります。

 

スポンサーリンク

年齢別の「呼び方」

 

一般的に多い年齢別の呼び方をまとめました。実際は人それぞれで感じ方は違うと思います。

 

幼年期 0歳から5歳

少年期 6歳(小学生) から14歳

青年期 15 歳から29歳

壮年期 30歳から44歳

おばさん・おじさん 41歳以上

中年(ちゅうねん) 45歳から64歳

中高年齢者 45歳以上

高年齢者 55歳以上

老後、高齢者、高年期 65歳以上

おばあさん・おじいさん 70歳以上

前期高齢者 65歳以上75歳未満

後期高齢者 75歳以上

バブル世代 1966年から1970年生まれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました