PR

ハーレー

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
大型二輪教習所

どのようにして55歳で大型二輪免許を取得したか?教習所の全記録

55歳で大型二輪免許を取得した全記録です。実際に、どれくらいの教習期間で大型二輪免許が取得できたのか解説します。大型二輪の免許を取得して、ハーレーダビッドソンをレンタルしました。アクセルを全開にしたときの加速感は、痺れるほど感動的でした。
ハーレーダビッドソン

車では絶対に体感できない!「ハーレーダビッドソン」高速での風圧

ハーレーダビッドソンは、楽しみながら運転するだけで、身体を鍛えることができます。高速道路を時速100キロ以上で走ると、風圧の凄さに圧倒されます。時速100キロを超えると、心地よい風が、吹き飛ばされそうになる暴風へと変わります。
ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソンの納車日までに揃えておきたいもの

ついにハーレーダビッドソンを購入することにしました。まだ納車日は未定ですが、事前に準備しておきたいものをまとめました。リターンライダーのため、服装から準備が必要です。ハーレー納車日までに購入したもののメモです。
スポンサーリンク
ハーレーダビッドソン

ハーレーの購入で迷っている人へ伝えたいこと

ハーレーを購入するときは誰でも悩むもの ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)は高い買い物です。気軽に買えるものではありません。新車であれば100万円以上ですし、上位の車種になると400万円以上です。国産のバイクであれば、ほとんどが100万円未満で買えます。やはり「値段が高い」ということが一つのネックになります。 次に、ハーレーを乗りこなせるのか、という不安です。ハーレーは国産車に比べて、とても重いです。300 kg の車体を取り回すのは簡単ではありません。もし転倒したときに、平らで足元がしっかりしたアスファルトの路面であれば、なんとか自力で起こせるかもしれません。しかし足元が...
ハーレーダビッドソン

ハーレーダビットソン愛好者のための定年後の完全ガイドブック

定年を迎えたハーレーダビットソン愛好者向けのガイド。体力やライディングスタイルの変化を考慮し、適切なバイクの選び方、維持方法、ライディングテクニックの見直し、安全対策、そしてハーレーとの絆を深める方法について詳しく解説。この記事を通して、安全で楽しい定年後のバイクライフを実現し、ハーレーとの新しい関係を築くためのアドバイスを得られます。
ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソンの3拍子解説: 歴史、技術、文化の交差点

ハーレーダビッドソンのバイクを走らせる時、その独特の「3拍子」の響きは何を意味するのでしょうか?この音の背後には、技術、歴史、カルチャーが深く結びついています。この記事を読めば、ハーレーダビッドソンの「3拍子」の起源からその技術的背景、魅力、そして世界中の評価まで、その全てを詳細に知ることができます。
ハーレーダビッドソン

ハーレー 48 ファイナル エディション徹底解説: その魅力、スペック、価格からカスタムまでの総まとめ

ハーレーダビッドソンのバイクは、多くのファンに支持されるが、なぜ「ハーレー 48 ファイナル エディション」は特別なのでしょうか。この記事では、ハーレー 48 ファイナル エディションの魅力、スペックからカスタム、価格、カラーバリエーションに至るまでの詳細情報を紐解きます。
ハーレーダビッドソン

失敗しない「大型バイク」選び、ハーレーダビッドソン「試乗会」

ハーレーダビッドソンの試乗会についての解説です。会場が教習所の「試乗会」を体験しました。試乗会では様々な車種を乗り比べました。しかも教習所が会場なので他の車や歩行者がいません。ハーレーダビッドソンの魅力を十分堪能しました。
大型二輪教習所

大型オートバイを趣味にして、中高年で「楽しく身体を鍛える」

中高年におすすめな趣味「大型オートバイ」の解説です。50歳を過ぎると体力が衰えてきます。特に「おなか」がプックリと太ってきます。腹筋や腕立て伏せは、長く続かず、全く効果ありません。大型オートバイなら、楽しみながら身体を鍛えられます。
ハーレーダビッドソン

乗らないと絶対わからない!これがハーレーダビッドソンの魅力

ハーレーダビッドソンを購入する前に知っておきたいことです。ハーレーダビッドソンは高価な買い物です。購入する前に、レンタルがおすすめです。長時間走行することで、初めて見えてくることがあります。後悔しないためにもレンタルをおすすめします。
ハーレーダビッドソン

大型二輪免許を持っている方へ、ハーレーダビッドソンは絶対乗るべき

「ハーレーダビッドソン」のレンタルについの解説です。ハーレーダビッドソンのレンタル料金は、8時間17,000円、車両保険代3,600円の合計20,600円でした。レンタルで注意したいことは、保険対象外の「盗難」です。休憩中も目が離せません。
ハーレーダビッドソン

これだけは確認したい!ハーレーダビッドソンを初めてレンタル

ハーレーダビッドソンをレンタルするときの注意点です。Dynaファミリー「ローライダー」を20,600円でレンタルしました。乗車して初めてわかったことは、クラッチを握る左手の筋肉痛が想像以上でした。また、サイドスタンドの事前確認が必須です。
スポンサーリンク