ハーレーダビッドソンで「身体を鍛える」、高速道路の風圧は暴風

スポンサーリンク
ハーレーハーレーダビッドソン
ハーレー

ハーレーダビッドソン(ハーレー)などの大型オートバイは、乗るだけで身体が鍛えられます。特に高速道路を走ると、風圧の凄さに驚きます。心地よい風ではなく、時速100キロを超えると暴風になります。この刺激が大型オートバイの魅力かもしれません。

スポンサーリンク

ハーレーをレンタルして、わずか20分で疲れる

 

2016年4月14日、ハーレーダビッドソンのローライダー(1600cc)を、8時間レンタルしました。レンタル料金は20,600円でした。

 

56歳という年齢を、改めて感じました。走り始めて20分くらいで、腕や足の筋肉痛が始まりました。ハーレーを楽しむ余裕がなくなり、疲れてきたのです。わずか20分で疲れてしまいました。この先8時間のレンタル時間を、乗り続けられるか不安になりました。体力の衰えを感じるのと同時に、ハーレーに乗れば「身体を鍛えられる」と思いました。

 

30分ほど走行した後、コンビニの駐車場で10分ほど休憩しました。気を取り直して出発しようとしました。ハーレーに跨り、方向転換のため、両足を着けて後ろに下がると、やはり重いです。両足にハーレーの重さがズシリとかかります。両足の太ももが「つりそう」になりました。

 

私は20代の頃、250ccのオフロード車に乗っていました。しかしオートバイの方向転換が大変だった記憶はありません。やはりハーレーのような大型オートバイは、重くて取り回しに体力が必要だと感じました。

 

スポンサーリンク

高速道路のETCゲートが不安

 

疲れたからと言って、さすがに1時間でレンタル店へ戻るわけにもいきません。かっこ悪いです。もう一度、当初の目的である「高速道路」を目指しました。気合を入れながら40分ほど走り続けると、少し身体が慣れてきました。徐々に良い感じで「走り、止まれる」ようになってきました。それでも、クラッチレバーを握る左手の握力は、どんどん弱くなりました。

 

国立府中のインターチェンジから、中央高速に入ることにしました。高速道路の入口では、ETCカードが装着されているか、ゲートがちゃんと開くか不安でした。心配する必要もないのですが、もしゲートが開かなくて転倒したらマジやばいです。

 

無事にETCゲートを通過し、高速道路に入りました。1,600ccのエンジンは、加速も良いですし、余裕の走りでした。

 

スポンサーリンク

ハーレーで感じる「高速道路の風圧」

 

ところが、久しぶりにオートバイで高速道路を走ると、その風圧に驚きました。ハーレーのエンジンは、タコメーター2千回転で、時速85キロのスピードでした。スピードメーターの最高時速は、220キロです。時速100キロ程度は余裕のはずです。しかし、100キロの速度になると、風圧がすごくて怖いのです。

 

時速80キロまでは、それほど感じないのですが、時速100キロになると、ものすごい風圧です。ハンドルから手が離れそうになってしまうし、洋服が風圧でバタついて、かなり危険な状態になります。大型オートバイで100キロ以上の速度は、「風圧との闘い」でした。風圧は、「爽やかな風」というレベルではなく、「暴風」です。大きな壁としてたちはだかります。

 

ハーレーで高速道路を走るときは、時速80キロがちょうど良かったです。

 

若い頃、オートバイに乗っていて、「風圧が恐い」と感じたことはありません。若い頃は体力もあるので、「風圧も楽しい」と感じたのかもしれません。普段、スポーツをしてない人は、ハーレーのような大型オートバイで、楽しみながら「身体を鍛える」のも良いと感じました。

コメント