SMAP解散騒動の生謝罪と公開処刑、解散への道を突き進んだ公開放送

イギリスのロンドン 秘密のメモ
イギリスのロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

2016年1月18日(月)のテレビ番組SMAP×SMAPの中で、解散騒動についての謝罪が行われました。生謝罪や公開処刑とまで呼ばれた様子をお伝えします。SMAPの解散騒動は、ある意味で日本社会の縮図です。組織で働く意味を考えさせられました。

 

SMAP 生謝罪 全コメント

 

2016年1月18日(月)のテレビ番組、SMAP×SMAPの中で、解散騒動について謝罪しました。そのときの全コメントです。

 

1月13日にマスコミで報道されたSMAPの解散や分離騒動について、5人が揃って生放送で謝罪しました。

 

そのときのメンバーのコメントです。

 

この謝罪によって、騒動はいったん収束したかのように見えましたが、この後も亀裂が広がることになりました。

 

(以下敬称略)

 

木村拓哉

 

今日は2016年1月18日です。

 

先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。

 

そして、たくさんの方々に、たくさんのご心配とご迷惑をお掛けしました。

 

このままの状態だと、SMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人が顔をしっかりそろえて、皆さんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、本当に勝手だったんですが、このような時間をもらいました。

 

稲垣吾郎

 

この度は、僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っております。

 

これからの自分たちの姿を見ていただき、そして、応援していただけるように精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

 

香取慎吾

 

本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしまい、申し訳ありませんでした。

 

(少しの間)

 

皆さまと一緒に、また、きょうからいっぱい笑顔を作っていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

中居正広

 

今回の件で、SMAPSMAPがどれだけみなさんに支えていただいているのかということを、改めて強く感じました。

 

本当に申し訳ありませんでした

 

(ため息)

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

草なぎ剛

 

皆さんの言葉で気づいたこともたくさんありました。
本当に感謝しています。

 

今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今僕らはここに立てています。

 

5人で集まれたことを安心しています。

 

木村拓哉

 

最後に、これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いいたします。

 

生謝罪を見て感じたこと

 

ファンのために、テレビの生中継で、メンバー全員が、自分の気持ちを伝えたという意味では、ファンの心配も和らいだのかも知れません。

 

しかし、テレビに映るSMAPメンバーの顔色は悪く、明らかに、本心でないことを言わざるを得ない状況に追い込まれているのが、痛々しく見えました。

 

生謝罪や公開処刑とまで呼ばれた、このSMAP×SMAPは、年間視聴率が、第3位31・2%になりました。

 

しかし、SMAPファンにとっては、見るのがつらかったと思います。

 

SMAP解散の原因は、最終的には、木村拓哉の裏切り、香取慎吾との確執という構図になりましたが、メンバー全員が追い詰められた結果でした。

 

SMAPファンとしては、メンバーは誰も悪くないのに、なぜ、生謝罪するほどの状況へと追い詰められてしまったのか、納得できなかったでしょう。

 

また、生謝罪は、芸能界の恐さを垣間見た瞬間でした。

コメント