これから「レヴォーグの購入」を検討している人に伝えたいこと

スポンサーリンク
2017年レヴォーグレヴォーグ
2017年レヴォーグ
この記事は約6分で読めます。

レヴォーグを購入するときの解説です。「1.6GT」と「2.0GT」のどちらを選ぶか迷ったときの「選択方法」です。私は「1.6GT」を購入しました。1年間、実際に乗ってみると、パワー不足を感じたことはありません。トルクがあるので加速も良いです。

スポンサーリンク

レヴォーグを選んだ理由は「アイサイト」

 

「レガシィB4」から「レヴォーグ」へ乗り換えました。2008年4月に購入した「レガシィB4」は、すでに9年経過してました。足回りがだいぶ弱くなってきて、「そろそろ買い替えかな」と思っていました。

 

私の「レガシィB4」は、アイサイトを搭載していません。自動ブレーキなどの安全装置がありません。そのため、2017年8月7日に発売された新型レヴォーグ(D型)へ買い換えることを決めました。

 

レヴォーグは、排気量が1.6リッターの「1.6GT」と、2.0リッターの「2.0GT」があります。どちらにするか迷いました。かなりの金額差なので、よけいに迷います。

 

レヴォーグ「1.6GT」と「2.0GT」を比較します。(2017年12月現在)

 

スポンサーリンク

最初に迷う「価格」の比較

 

1.6GT EyeSight 2,829,600円(税込)

 

2.0GT EyeSight 3,618,000円(税込)

 

排気量による価格の差は、788,400円です。「80万円」という大きな金額は、気軽に出せるものではありません。

 

しかし、この価格差は、次のようにパワーの差を考えると、「2.0GT」の方か、かなり「お得な価格設定」であることがわかります。

 

例えば、「1.6GT」のエンジンを改造して、「2.0GT」並みのパワーを得ようとすると、軽く100万円以上かかります。タービンを大型なものに変えたり、エキゾーストパイプやマフラーを交換しなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較

 

一番迷うところです。選択の悩みどころが「エンジンパワー」の違いです。

 

2.0GT FA20
最高出力 300PS/5600rpm
最大トルク 40.8kgf・m/2000-4800rpm

 

1.6GT FB16
最高出力 170PS/4800-5600rpm
最大トルク 25.5kgf・m/1800-4800rpm

 

「2.0GT」は、なんと300馬力です。数年前のレーシングエンジンに匹敵します。昔の「GT300」というレースは、300馬力クラスのカテゴリでした。

 

「2.0GT」の300馬力は、「1.6GT」の170馬力の1.7倍です。価格差が1.3倍であることを考えると、価格に比べて、「2.0GT」はエンジン性能が高く、かなり「お得」です。購入予算に余裕があるなら、迷うことなく「2.0GT」を選びましょう。総合的に考えれば「2.0GT」の方が安いとも言えます。ただし、レギュラーガソリンが使えず、アイドリングストップ機能がないなど、維持費は不利になります。

 

スポンサーリンク

車両の「大きさ」と「重量」の比較

 

車体の大きさは、全長×全幅(mm) 4690×1780 です。「1.6GT」と「2.0GT」の大きさは、全く同じです。

 

加速のときや減速するとき、車の動きに直接影響するのが、車両の重量です。

 

車両総重量
1.6GT 1815kg
2.0GT 1845kg

 

「2.0GT」の方が、30kg重いです。しかし、パワーの差が、それ以上に十分あります。ドライブで気になるほどの重量差ではありません。

スポンサーリンク

レヴォーグ「1.6GT」を1年間乗った感想

 

買い換え前の「レガシィB4」は、260馬力でした。そのため、レヴォーグ「1.6GT」の170馬力を選択するときに、「パワー不足で後悔するのではないか」と少し不安でした。

 

若い頃なら、多少価格が高くても、「2.0GT」の300馬力を迷わず選択しました。私は昔から、パワーの小さい車は、ドライブしていて「ストレスになるので嫌い」でした。アクセルを踏んだときに、イメージ通りに加速しないと、ストレスで疲れてしまうのです。

 

しかし、50代後半になり、今は峠道を攻めるような「レーシング走行」も行ないません。おそらく300馬力のパワーを使う場面は、ほとんどないでしょう。また、若い頃に比べて体力も落ち、反射神経も鈍っています。今、峠道を攻めれば、事故を起こす確率が高いです。

 

「2.0GT」300馬力のレヴォーグを購入して、衰えた体力を超えてドライブしてしまい、事故を起こすのも悲惨です。私は、無理しない安全運転も考えて、結果的に「1.6GT」を選びました。身の丈に合った選択です。

 

慣らし運転を終えてから、レヴォーグ「1.6GT」の加速性能を試しました。信号が多い都内での発進加速は、レガシィB4の260馬力と、レヴォーグ「1.6GT」は、ほぼ同じ感覚でした。

 

レヴォーグ「1.6GT」のトルクは、1800回転で25.5kgです。レガシィB4のトルクは2000回転で35Kgでした。レヴォーグの方が、低回転からトルクが出ます。つまり「加速が鋭く」感じるのです。

 

信号が、赤から青に変わったとき、普通にアクセルを踏んで加速する感覚は、レガシィB4よりもレヴォーグ「1.6GT」の方が、「ググッ」と押し出される加速感があります。低回転域でトルクがあるので、加速が鋭いのです。また高速道路などで、アクセルを全開にした時の加速感も、260馬力のレガシィB4と比較して、それほど変わりませんでした。

 

実際にレヴォーグ「1.6GT」に乗って市街地を走ると、パワー不足を感じる場面は、全くありません。むしろ、アクセルを踏み始めたときの、「出だしの加速感」は、レガシィB4より良いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

レヴォーグの排気量の選び方です。

 

もし、予算にたっぷり余裕があって、ガソリン代も気にしないなら、「2.0GT」の300馬力を選択しましょう。圧倒的に余裕のある走りです。

 

購入予算に、それほどお金をかけたくない人は、次の基準で判断しましょう。

 

サーキットなどの「レーシング走行」を予定している人は「2.0GT」

 

それ以外の人は「1.6GT」

 

「1.6GT」も速いですが、レーシング走行を行うときは、「2.0GT」の300馬力には及びません。サーキットを走るなら「2.0GT」を選択しないと、後悔することになります。一般道では、それほど性能差は出ませんが、サーキット走行では、エンジンの性能差がハッキリと出ます。

 

レーシング走行はせず、普通の一般道や高速道路を走るのであれば、「1.6GT」で十分です。170馬力のエンジンは、パワー不足を感じることはありません。むしろ1.6リッターの排気量とは思えない加速感に驚きます。

 

レーシング走行するなら「2.0GT」、一般道や高速道路なら「1.6GT」という選択になります。また、40歳以上の人も「1.6GT」の方が安全です。

 

私は、レガシィB4の前に、「BMW 325i」に乗ってました。ターボのないNAエンジンでした。排気量は2500ccで、最高出力 191PS、最大トルク25kgです。この「BMW 325i」よりも、レヴォーグ「1.6GT」の方が、パワーがあると感じています。

 

ほんとにレヴォーグ「1.6GT」は速いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました