住所を変更したときに必要な手続き、一度に済ませる簡単な方法

イギリスのロンドン 家を新築
イギリスのロンドン
この記事は約3分で読めます。

引っ越したときの住所変更手続きの解説です。市役所などへの手続きは、面倒なので、なるべく1回で済ませたいものです。転出届や転入届、免許証の住所変更、郵便物の転送手続きについて、わかりやすく簡単に解説します。手続きは、一気に行なう方が良いです。

スポンサーリンク

住所変更前に各種証明書を取る

 

住所を変更したときの手続きです。引っ越しが終わると、身体が既に筋肉痛で疲れています。気合いを入れて、住所の変更手続きを行います。

 

最初に、住所変更の手続前に、変更前の印鑑証明、住民票、課税証明書を2部づつ取っておきます。住所を変更した後では、前の住所の証明書を取得できなくなります。予備に取っておくと安心です。

 

スポンサーリンク

住所変更、転出届、転入届

 

手続きに出かけるときは、印鑑(三文判)、実印、免許証、犬の鑑札を持っていきます。

 

区役所(市役所)で転出届を提出します。窓口で届け出用紙に書いて提出するだけです。本人確認のため免許証を提示します。

 

次に転居先の区役所(市役所)で、転入届を提出します。このとき、印鑑証明(実印を持参)も一緒に依頼すると効率的です。我が家は犬がいます。犬の登録も一緒にお願いしました。犬の鑑札を提示しました。

 

転入手続きは、30分以上待ちます。印鑑証明用のカードが交付されたら、新しい住民票を2部取ります。新しい住民票は、勤務する会社への住所変更届出に必要です。

 

スポンサーリンク

免許証の住所変更

 

免許証の住所変更手続きは、新しい住民票を提出する必要があります。転入届を終えた後に手続きします。

 

住所変更届を警察署の窓口で書いて、新しい住民票と一緒に提出します。5分ほどで終了しました。

 

スポンサーリンク

郵便物の転送手続

 

郵便物は、重要なものがあります。必ず転送手続きしましょう。

 

近くに郵便局があれば、郵便物の転送手続きを行います。印鑑(三文判)と身分証明書(免許証)が必要です。手続きは簡単です。窓口で届出書を書き、提出するだけです。

 

スポンサーリンク

まとめ、住所を変更したとき

 

念のため、住所を変更する前に、印鑑証明、住民票、課税証明書を取っておく。

 

手続きのときに持参するもの、印鑑(三文判)、実印、免許証、犬の鑑札

 

手続きの流れ

 

転出届を提出

 

転入届、印鑑証明登録、犬の登録

 

免許証の住所変更

 

郵便物の転送手続き

 

以上です。

 

子供が学校へ通っているときは、転校手続きが必要です。転校は、新しい友達ができるメリットがあります。新しい環境に慣れるまでは大変です。

コメント