修理の前に家屋の価値を計算する方法、新築や買い換え賃貸併用の選択

ロンドンの観光 マイバスツァー
ロンドンの観光 マイバスツァー

家を修理するときの判断基準

一戸建て住宅の価値について解説します。

土地の価値は、基本的に下がりません。もし、下がるとしても周辺の土地も同じ状況になるので、実質的な価値に変わりはありません。

一方、家屋の価値については、経過年数に比例して、価値が下がります。

20年間住んだ我が家は、築29年です。

不動産の価値を計算するときは、一般的に新築を1とすると、経過年数によって次のとおり価値が下がります。

1年後0.8
5年後0.7
10年後0.6
15年後0.5
20年後0.45
25年後0.35
30年後0.3
30年以上は0

つまり、築29年では、家屋の価値は、ほぼ0です。

家を新築する計画や買い替えの可能性があるときや大きな修理が必要となったときは、この家屋の価値も考慮しましょう。家を補修して使い続けると、経済的に大きな損失になる可能性があります。

価値のない家に、補修費をつぎ込むと、そのまま損になってしまいます。

新築や買い替えの相談

私は、新築と買い換えで迷いました。主に、次の3つの方向性で、どれにしようか迷ってしまい、なかなか決断できませんでした。

1.今の家を新しく建て替える。

2.自宅を売却し、新しい土地で家を建てる。

3.ちょうど隣の家が売りに出ているので、隣家の土地を購入し、自宅の土地と併せて賃貸併用住宅を建築する。

今の家は、駅から徒歩10分です。商店街や学校、区役所なども近く、立地環境が極めて良い場所です。高級住宅地ではないですが、かなり価値の高い場所です。

さらに、20年も住んでいるので、この場所を離れるのは、故郷を失うような寂しい気がします。

子供たちの友人も住んでいる街です。

できるなら、このまま家だけを新築したいです。

しかし、家を取り壊して、現在の土地の上に、家だけを新築するのは次の問題点があります。

土地が狭い(15坪)ので、広い家の建築が可能か不明、建築条件も不明

家を建て替える間、愛犬と一緒に、別の住居で仮住まい

良い解決策やアイデアがないかどうか、ネットで調べてもわかりません。

どこかの不動産屋さんに聞いてみるしかないかと思いますが、いきなり初めての不動産屋さんに入って、きちんと話を聞いてもらえるか不安です。

不動産会社の選び方

そんなことを考えていたところ、タイミング良く、秋葉原で住宅フェアを行うという情報がありました。

早速、参加して、今悩んでいるところを聞いてみることにしました。

詳細は別記事としますが、住宅フェアは、一流メーカーの不動産会社などが集まっていて、どのメーカーも親切にアドバイスしてくれました。

そして、ありがたいことに、いくつかの会社から、無料で提案書を作りたいので住居を見に行かせてほしい、との申し出がありました。

家の中を見るわけではないので、不在でも構わないということでした。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする