太陽光発電のメリット、実際の電気代の収支、原子力発電に依存しない

国宝 長谷寺の本堂
国宝 長谷寺の本堂

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

軽い気持ちで家のローン

人間は、何かを背負わないと萎えてしまいます。何かのために頑張ることが必要です。

私は、定年まで残すところ6年の54歳です。子供が大きくなり、33歳のときに中古で買った小さな家もあります。

今後予想される大きな出費や借金もなく、このままでは背負うものがないので、働く意欲もなくなると思いました。

そこで、思い切って、家を新築することを決断し、ローンを組むことにしました。

33歳のときに、築年数が9年経過した中古の小さな家を購入するときもローンを組みました。当時は、ローンを組むのに、とてつもない不安感がありましたが、54歳になると気軽になるものです。

ローンが80歳まで組めることに驚きながら、どうせ、その頃になればボケてしまい、ローンなど忘れてしまうだろうと、軽い気持ちで決めました。

ローンを軽減する方法

新築を検討するときに考えたのが、ローンを軽減する方法です。

まず、賃貸併用住宅でローンの半分程度を軽減することでした。ローンを完済すれば、その後の家賃収入は、将来の年金の補填にもなります。

しかし、いろいろと調べているうちに、同じ屋根の下で他人と住むのが心配になりました。住む人が良い人だとしても気は使うし、危ない友人を連れてくることもあるでしょう。もし、火事でも起こされたら大変です。

考えれば考えるほど、いろいろなデメリットばかりが頭に浮かびました。

もともと、私も妻も心配性で、外出時に家の鍵を何度も確認してしまう性格でした。

細かいことは気にならない性格なら良いのだと思いますが、やはり、我が家は、賃貸併用住宅は心配の種になるので諦めました。

それでも、何とか、ローンの軽減や将来の年金補填が可能な方法を考えました。自宅屋根の南側一面に太陽光パネルを設置することにしました。

設置前は、どれほどの電力を発電できるのか想像できませんでしたが、実際は、自宅の電力を余裕で賄え、さらに収入になる状態でした。

太陽光発電システムの設置費用

カナディアンソーラー
パワーコンデショナー CS-5000j
太陽電池モジュール CS6A-210MM

設置日 平成25年11月16日

定格出力 5.00KW

太陽電池の公称最大出力 4.83KW
測定出力合計値 4.982KW
(210W×23枚)

設置前の予測発電量 354KW(9月)~500KW(5月)

年間総発電量 5,203KWh

設置経費 1,584、000円
消費税     79,200円
費用合計 1,663,200円

補助金 166,600円
国 96,600円
区 70,000円

太陽光発電による電気代の収支

平成26年1月
支払 393kwh 11,594円 (@29.50円/KWh)
発電収入 332kwh 12,616円 (@38.00円/kwh) +1,022円

平成26年3月
支払 322kwh  9,526円 (@29.58円/KWh)
発電収入 393kwh 14,934円 (@38.00円/KWh) +5,408円

平成26年4月
支払 190kwh  5,916円 (@31.13円/KWh)
発電収入 499kwh 18,962円 (@38.00円/KWh) +13,046円

太陽光発電設備で、実際に稼いだ電気量と電気代(売電収入)です。電気の使用量を上回る発電状態なので、完全に稼いでます。

使用量から発電量を差し引いても3ヶ月で+19,476円です。

太陽光発電による純粋な収入(売電収入)は、3ヶ月で46,512円です。月額の平均収入は15,504円となります。

設置費は、およそ150万円かかりましたので、100ヶ月(9年間)で元が取れます。

また、太陽光発電システムは、保証期間が10年間です。実質20年以上の耐久性がありますから、200万円くらいは得をするはずです。

さらに、太陽光発電システムを設置することによって、自分の家で使う電気は十分に賄えるので、原子力発電に依存しない生活が実現できるメリットがあります。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする