SEOのコツはアクセス数を見ないこと、良質な記事を書くこと

イギリスのコッツウォルズ
イギリスのコッツウォルズ

ブログを始めた最初の頃はアクセス数ばかり気になってしまいます。しかしアクセスを増やすためには質の高い役立つ記事を書くことです。そうすれば自然にアクセスが上がります。最初の頃はSEOに費やす時間よりも記事の作成に力を注ぎます。

アクセス数を確認している時間が無駄

ブログを作成した後はアクセス数を確認したくなります。

これは人それぞれの性格というか性分でもありますが、ブログの訪問者数やアクセス数が気になって仕方ありません。

特に新しくブログを公開したときは意味もなくアクセス数を確認してしまい、訪問してくれた人の情報が気になってしまいます。

新しく記事を書くわけでもないのに1日に6〜7回ブログに設置したカウンターの数値を見てしまいます。検索順位チェックツールの「圏外表示」に落胆したりしてアクセス数の確認だけで無駄な時間を費やしてしまうのです。

アクセスアップに重要なこと

アクセスアップを目的としたSEO対策で最も重要なことは、コンテンツの内容・質を充実させることです。

検索エンジンの上位にヒットするような内容のページを作ることです。

何かを探そうとして検索エンジンを使う人に対して役に立つ内容を提供するのです。探していることの答えを記事に記載するのです。

もしカウンターを見ている時間があるなら、その時間を使って役に立つ記事を書くことです。楽しいコンテンツを増やすなど自分にしか書けない記事を作成することに時間を費やすのです。

一般的にコンテンツの量は最低でもブログ記事で180以上、ホームページならページ数100以上と言われています。

SEOを始める時期

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略です。
検索エンジンの最適化のことです。検索結果で上位に表示されるようにすることです。

検索結果の掲載順位はブログの記事を作成・更新していると少しづつ順位が上がっていきます。

Googleの掲載順位はサーチコンソールで簡単に調べられます。おおむね3ヶ月後くらいから徐々に順位が上がり始めます。

そして半年ほど経過すればGoogleに記事が登録され掲載順位も50位以内になります。

その後に本格的なSEOに取り組みます。

コンテンツが少ない段階でいくらSEOに取り組んでも効果はありません。むしろ時間を無駄にしてしまうだけです。

まず最低でも3ヶ月は我慢して記事数を40くらいにしましょう。

本サイトでも説明していますが、質の良い質の高い内容の記事を書きましょう。

ブログは良質なコンテンツのために時間をかければアクセス数は自然と増加します。

SEOよりも良質なコンテンツを考えることが大切です。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする