ついに55歳で、大型自動二輪免許を取得

投稿日:

2015(平成27)年3月23日

ついに、大型自動二輪の検定試験に合格しました。

 

悪夢のエンスト

忘れもしない1ヶ月前の1月26日、波状路で恥ずかしいエンストを起こし、検定試験の前半で不合格になりました。

 

まさか、エンストするとは?

悪夢でした。

 

若い頃オートバイに乗っていたし、自分は普通の人よりも運転が上手いはずという自惚れもあったので、かなり精神的ショックを受けました。

 

さらに、その後、仕事も忙しくなってしまい、検定試験は平日のみなので、休みもとれませんでした。土日の雨も多くなり、一度、間隔を開けて精神的にリセットしようと考えました。

 

 

教習期限を忘れていた

仕事に余裕もでき、天気もポカポカしてきたら、ゴールデンウィーク近くに、ゆっくり教習再開しようと思っていました。

 

ところが、一週間ほど前に教習所のお姉さんから電話がかかってきました。

 

なんと、教習期限が残り1ヶ月と聞き、焦ってきました。

 

まだ、一回目の検定試験不合格から精神的に立ち直っていませんが、慌てて、土曜日に補習教習を一時間受けてから検定試験に挑戦しました。

 

 

今日の検定試験

12時10分、教習所のロビーに集合し、「検定試験を受ける人は、受付に来てください」というアナウンスを聞き、受付を終えてから、いつものプレハブ作りの自動二輪待合室に行きました。

 

肘あてと膝あてをつけ、ヘルメットを被ります。

 

試験官から、採点表と免許証の名前を確認するよう言われ、免許証と一緒に提出しました。

 

12時25分までに、いつものように胸当てを付けて準備します。

 

やはり、また、緊張してきました。

 

 

神様のお告げ

今日、二回目の試験でも合格しないなら、これはもう、神様が免許を取るのはやめなさいと言っているのかもしれません。キッパリと大型自動二輪免許は諦めよう、などと弱気になりました。

 

今日の検定試験は、大型自動二輪が二人、中型と小型が三人です。

 

受付の時の名簿の順番が1番なので、最初に乗ることになります。

 

試験官がオートバイの検定車をスタート場所に用意してくれました。

 

「最初、二輪コースの外周を慣熟走行してください。試験とは関係なく自由に走って良いです。」

 

すぐに教官から名前を呼ばれたので、前回の教訓から、ウォーミングアップでクラッチの遊びと繋がり具合を確認することにしました。

 

スピードを緩め、ノロノロと止まるくらいで、クラッチを切り、アクセルをふかし、クラッチの繋がる位置を何回か確認します。

 

(ん?やはり、クラッチがすぐ繋がる。)

 

前回と同様です。左手の指を少し離すだけでクラッチが繋がります。

 

教習の時のオートバイは、わりと指を大きく離さないとクラッチが繋がらないので、この検定車は、アクセルを早目に開けないと、また、悪夢のエンストです。

 

ウォーミングアップ走行は、アクセルを豪快に煽りながら、クラッチを頻繁に切ったり繋いだりして感触を覚えました。

 

左右に車体を傾けて、ジグザグ走行してオートバイの重さも確認しました。

 

ウォーミングアップ走行を終えると、「では、検定試験開始です」という試験官の声で、試験が始まりました。

 

(うわー、緊張するー)と思いつつオートバイの横に立ちます。

 

 

検定試験開始

右後方を確認し、右ハンドルを握りブレーキをかけ、オートバイを起こし、スタンドをはずします。

 

右後方を確認し、跨がります。

 

両方のサイドミラーを手で触り調整します。

 

スイッチを入れ、ニュートラルを確認し、右足ブレーキと左手クラッチを握り、エンジンをかけます。

 

右後方を確認し、足を踏み替えギアを1速に入れ、右方向指示器を出し、再度、右方向を確認しました。

 

アクセルをふかし、スタートします。

 

スタート後は直ぐに方向指示器を消し、1速から2速にいれます。

 

この検定車は、2速ギアも入りにくいし、嫌な感じでした。

 

二輪コースの外周を一周してから、スラローム、平均台、クランクを通過しました。

 

鬼門の波状路は、エンストしないように、暴走族がアクセルを煽る感じで、エンジンを高回転に保ったまま、半クラッチでスピードを調節し通過しました。

 

S字、踏切、急制動と終わり、普通車コースに入りました。

 

二回目の検定は、予め1コースが検定になることを教えてもらい、補習の教習も1コースのみなので、最初の検定の時のように、二つのコースを覚えなくてはならないという悩みはなく、迷うこともありませんでした。

 

終わって見ると、わりと、上手く走れたような気がしました。

 

でも、緊張はしました。

 

13時30分くらいに合格発表があり、五人中三人合格でした。

 

 

大型自動二輪免許取得

発表後は試験場での免許証取得手続きを丁寧に教えてくれました。試験場は16時までなら手続き可能とのことで、すぐに、江東試験場に行きました。

 

江東試験場へ15時20分くらいに到着、平日の月曜日なので、行列はなくて空いていましたが、待ち時間は長く、15時50分くらいに免許証が出来ました。

 

これで、教習所も卒業です。

めでたし、めでたし。

-オートバイ
-, , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.