大型二輪のリスク、ハーレーでオーバースピードしてわかったこと

更新日:

 

教習生の割合

二輪免許の教習所へ行くと、いつも10人前後の人が教習を受けていました。

 

教習は、普通二輪と大型二輪が一緒で、二割が大型二輪、一割が女性でした。

 

教習所によって、人数も割合も違うでしょうが、大型二輪のうち六割が中高年で、おそらく、60歳に近いのではないかと思いました。

 

大型二輪免許は、若い人より、中高年の人が多いです。

 

定年後の趣味として、オートバイの人気は高いです。

 

若い頃、オートバイに憧れていたけど、経済的にも余裕がなく、家族や会社のために働いていたので、オートバイに乗ることができなかったのです。

 

家族を優先するため、贅沢な遊びのオートバイの免許を取らなかった人も多かったと思います。

 

東京などの都市部に住む人は、自動車の免許や二輪の免許がなくても生活に困りません。

 

都市部に住む人以外は、日常の買物などで車の免許は生活に必要なものですが、自動二輪の免許は無くても困りません。

 

自動二輪の免許は、生活に必須のものではなく、趣味として、贅沢な遊びに近いものなのです。

 

 

 

大型二輪の危険性

二輪の中でも、さらに危険性のある大型二輪免許を、取ろうかどうか迷っている人は、人生一度きり、ということも考えると良いです。

 

特に、子供も大きくなって、これからは、自分のために人生を楽しもうと思っているなら、迷わずに大型二輪免許の教習所に通うことを、おすすめします。

 

間違いなく、年齢を重ねるにつれ、教習所はキツくなります。私の経験からすれば50代までの方が圧倒的に楽です。

 

50歳を過ぎると、自分では予想できないほど体力が衰えていきます。

 

若い頃に比べて、反射神経が鈍くなり、筋力もなくて、身体がイメージどおりに動きません。

アクセル全開やテレビのオートバイレースを真似る走行は、100%事故ると考えてください。

 

 

 

ハーレーで危機一髪

別の記事でも書きましたが、レンタルした1600ccのハーレーダビッドソンで、オーバースピードでコーナーに進入してしまい、対向車線へはみ出したり、ガードレールにぶつかりそうになったことが、数回ありました。

 

対向車線へはみ出たときは、幸いにも対向車がいなかったので無事でしたが、もし対向車が大型ダンプだったら、すでに私は天国にいました。

 

軽量なオートバイなら、腕力で車体を強引に寝かせて、コーナーを曲がることができますが、ハーレーダビッドソンのような、車体の重いオートバイは無理です。

 

コーナーの進入で、うっかり速度オーバーすれば、対向車線にはみ出して事故るか、ブレーキかけてスリップして転倒事故になるかの二者択一です。

 

まあ、そこが大型二輪の魅力かもしれません。

 

命をかけると思うと、余計に魅力を感じてしまう自分に呆れてしまいます。

-オートバイ
-, , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.