何速のギアからでも力強く加速するハーレーの魅力、高速道路の風圧

ハーレー
ハーレー

一度は乗りたいハーレーダビッドソン

若い頃からの憧れが、ハーレーダビッドソンで高速道路をクルージングすることでした。チャンスがあれば経験したいと思っていました。

2016年4月14日

ハーレーダビッドソンのローライダー(1600cc)を8時間のレンタル(料金20,600円)で借りて乗りました。

レンタル店からハーレーで走り出して1時間、まだ運転に余裕もなかったのですが、何しろ若い頃から憧れていた、ハーレーで高速道路の走りを楽しむことにしました。

初めてのハーレーなので、高速道路の料金所でETCのゲートが開くか不安でしたが、緊張しながら無事にETCを通過できました。

高速道路は、一般道のような信号待ちがないので、クラッチレバーを握るのは、加速するときにギアチェンジするときだけです。

街中の信号待ちで、クラッチレバーを頻繁に握り、左手が疲れて握力が低下することもなく、高速道路は、だいぶ楽でした。

1600ccのエンジンは、トルクが強く余裕があるので、高速道路でも3速で走れてしまいます。自分でギアを意識しないと、6速まで使う必要はないかもしれません。

鼓動なのかノッキングなのか

ハーレーは、時速80キロくらいで6速を使うと、エンストするときのノッキングのような感じがしました。鼓動感なのかノッキングなのか区別がつきませんでした。

そして、高速道路で、ハーレーのアクセルを全開にしたときの加速感は、ドコドコという、ハーレー独特の鼓動音と共に力強く滑らかに加速するので爽快でした。

また、時速100キロくらいまでは加速を楽しめますが、それ以上のスピードになると、風圧による恐怖感の方が大きくなります。

風が身体を打ち叩き、ジャンパーのバタつきが大きくなり、肩にかけたショルダーバッグも、吹き飛ばされてしまうのではないかという不安感と恐怖感がつきまとうのです。

自動車にない風圧と加速感

20代の頃にオートバイに乗っていたときは気付きませんでしたが、オートバイで高速道路を走ると、自動車のありがたさがわかります。

自動車なら、風圧はないし、シートに身体をゆっくりと預けることができます。

風も雨も気にならない車は、ほんとに楽で便利な乗り物だと実感しました。

オートバイで時速100キロを超えると、風圧に耐えながらハンドルをしっかり握っていなければなりません。

もし、ハンドルから手を離せば、風圧でオートバイから落ちてしまいます。しかし、車なら風圧はありませんし、ゆっくりとシートに寄りかかることができます。

1600ccというハーレーダビッドソン ローライダーの高速走行は、アクセルを全開にすれば、何速にギアが入っていようが、力強く加速しました。

4速や5速で走っていても、アクセルを開ければ、グググッと加速するトルク感は、やはりハーレーでした。

自動車や小排気量のオートバイでは体感できないトルクでした。







フォローする