スポンサーリンク

ハーレーを初めてレンタルするとき、サイドスタンドを事前確認

ハーレー ハーレー試乗
ハーレー
この記事は約5分で読めます。

ハーレーをレンタルするときの注意点です。ハーレーダビッドソン、Dynaファミリー、ローライダーを20,600円でレンタルしました。乗車して初めてわかったことは、クラッチを握る左手の筋肉痛が想像以上でした。サイドスタンドの事前確認が必須です。

スポンサーリンク

ハーレーのレンタル料金

 

2016年4月14日、ハーレーダビッドソンを、8時間レンタルしました。初めてのハーレーダビッドソンです。レンタル料金は20,600円でした。レンタルで借りた車種は、Dynaファミリーのローライダーです。

ハーレーダビッドソン

HARLEY-DAVIDSON ローライダー

車両価格209万円

Twin Cam 96 空冷45度Vツイン 1,584 cc
ギアは6速です。

 

ハーレー

メーターの走行キロ数を見ると883Kmでした。ハーレーで「883」でした。ほぼ新車です。

 

生まれて初めて、ハーレーダビッドソンに乗りました。走り出して、すぐに感じたのは、ハーレーは、ローギア(1速)でも速いことです。ちょうど1年前のハーレー試乗会でも、印象が強かったです。トルクがあるので、少しアクセルを開けると「グンッ」と加速します。

 

教習所のオートバイは、ホンダの750cc(ナナハン)でした。ギア1速でアクセルを戻している状態なら、歩くほどのスピードで走行できました。ナナハンはトルクがあるので、クラッチを使わなくても、歩くほどのスピードで走れました。しかし、ハーレーでは無理でした。ハーレーで、ゆっくり走るためには、ずっと半クラッチにする必要があります。半クラッチにしないとスピードが落ちません。

 

初めてハーレーに乗るときは、走り出しに注意しましょう。国産車の感覚でアクセルを開けると、急に飛び出します。スピードが出過ぎて、ぶつかりそうになります。また、私は、走り出すときに右ウィンカーを点滅させたのですが、ウィンカーを消す方法がわからなくて焦りました。しばらく、右や左のウィンカーを交互につけてしまい、恥ずかしかったです。

 

スポンサーリンク

ハーレーは直線がいい

 

ハーレーは、ウィンカーを消すのもボタン押すだけです。乗り始めは緊張していて、ウィンカーを消す方法がわからなかったです。まっすぐ走るのは快適ですが、ウィンカー出して曲がったり、信号で止まるのは大変でした。

 

信号待ちで足を地面に着けるとき、ハーレーの車体が少し傾くだけで、足に車重がダイレクトに伝わります。国産車より重いので、踏ん張らなければなりません。一時停止のときは、かなり大変でした。

 

ハーレー

ハーレーを20分ほど走らせると、クラッチレバーを握る左手の握力が、みるみる落ちてきました。左手のクラッチレバーを握るたびに、前腕の筋肉痛を感じました。徐々に握力が低下し、信号待ちでクラッチレバーを握っているのがきつくなってきました。次第に、クラッチレバーを握るときは、気合を入れないと辛い状況になってきました。

 

これはまずいと思い、休憩のためにコンビニの駐車場に入りました。

 

スポンサーリンク

ハーレーのサイドスタンドはどこ?

 

わりと広めのコンビニの駐車場で停止しました。エンジンを切り、左足でサイドスタンドを出そうとしました。ところが、サイドスタンドがある辺りを左足で探しますが、スタンドが左足にかかりません。普通なら、左足の踵や爪先でエンジンの下部を探れば突起物があり、それがサイドスタンドです。それがないのです。何度も左足で探りますが、サイドスタンドがわかりません。その間、ハーレーの車重が右足にかかり、右足の太ももが筋肉痛になってきました。

 

このままでは、サイドスタンドが使えず、ハーレーから降りられません。ずっとハーレーに跨がったままというのは、かなり悲惨な状態です。ハッキリ言ってやばいです。何しろハーレーは、ものすごく重いのです。いずれ体力の限界がきます。このままでは、体力を使い果たし、転倒するだけです。

しかし、コンビニの駐車場で焦る姿は恥ずかしいので、ハーレーに跨がったまま、周りに気付かれないよう対応策を考えました。

 

どこかの無人でないガソリンスタンドに寄り、そこで店員さんにサイドスタンドを出してもらうのがベストのプランです。しかし、このまま走っても、左手が筋肉痛です。すでにクラッチレバーが握れない状態です。仕方なくダメ元で、ハーレーに跨がったまま、大きく身体を傾けて、サイドスタンド辺りを手で探ることにしました。

 

スポンサーリンク

サイドスタンドを手で出す

 

ハーレーに跨ったまま、上半身だけ大きく左に倒しました。エンジンの左下を覗ける位置まで頭を下げると、ようやくサイドスタンドが見えました。しかし、サイドスタンドの見えたあたりを、左足のかかとで探しますが、サイドスタンドを触れません。最後の手段で、タンクに覆いかぶさるように上半身を曲げ、左手でサイドスタンドを出しました。ようやくハーレーから降りることができました。

 

ハーレー

 

ハーレーでサイドスタンドを出せないと地獄です。かなり焦ってしまうので、初めてハーレーに乗るときは、サイドスタンドの位置を、左足で事前に確認しておきましょう。

 

今回のハーレーレンタルでわかったことは、走行後わずか20分で、クラッチレバーを握る左手が疲れてしまうことでした。さらにサイドスタンドを出せない悲しい体験もしました。いろいろありましたが、実際にハーレーをレンタルして感じたことは、「かなり身体を鍛えることができる」ということでした。

コメント