ハーレーのクラッチレバーの重さは意外、楽しみながら身体を鍛える

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

大型バイクのハーレーは、実際に乗ってみると、クラッチレバーが意外に軽かったです。しかし、ギアチェンジするときに、車体全体が揺れるのは迫力でした。走り始めると、クラッチレバーを握る左前腕が筋肉痛になり、クラッチを使えないギアチェンジでした。

スポンサーリンク

ハーレーのクラッチの重さ

 

2016年4月14日、ハーレーダビッドソンのローライダー(1600cc)を8時間レンタル(料金20,600円)しました。

 

ハーレーのエンジンは、1200ccとか1600ccの大排気量です。トルクが太くギアも大型化されているので、クラッチレバーを握るのが重くて大変だと思っていました。しかし、実際に乗ってみると国産車と同じでした。クラッチレバーを握った感じは、国産車の250ccクラスと同じくらい軽くて意外でした。排気量とクラッチレバーの重さは関係なかったです。

 

それでも、ギアチェンジするときの迫力ある振動は、排気量に比例していました。ハーレーは、ギアを1速に入れるときに左足でギアペダルを踏むと、「ガチャ」という大きな音と共に車体全体が振動します。ギアペダルを踏むときも、少し強めに踏まないとギアが入りません。排気量の小さな原付などは、ギアが入ったかわからない程度の軽い振動です。ハーレーは、ギアペダルを踏んだときに、車体全体を揺らす迫力が、明らかに違いました。

 

クラッチレバーが握れずギアチェンジ

 

久しぶり(30年ぶり)にバイクに乗って、クラッチレバーを握る左手の握力が、すぐに筋肉痛で弱くなりました。時々、クラッチレバーを握りきれずに、ギアチェンジせざるを得ないことがありました。

 

ハーレーに乗る前は、大排気量車は、クラッチを使わないとギアチェンジできないと思ってました。ところが、エンジンの回転数を上手く合わせれば、原付などの小排気量バイクと同じように、クラッチを使わずにギアチェンジできました。もちろん、クラッチを使わないと、ギアが摩耗し部品を痛めます。エンストなどの危険もあります。クラッチを使わないギアチェンジは避けるべきです。

 

昔、250ccのトレール車でモトクロスの練習をしていた頃は、クラッチレバーは使いませんでした。クラッチを握ると、ほんの数秒ですが駆動力がロスするので使いませんでした。クラッチレバーを使うのは、レースの始まるスタートのときだけです。レース中は、一切、クラッチは使いませんでした。ギアチェンジはエンジン音を聞きながら回転数を合わせて行っていました。大排気量のハーレーでも、同じようにクラッチレバーを使わずに運転できました。

 

ギアチェンジは、ギアを上げるのも下げるのも、回転数さえ合わせれば、クラッチなしで大丈夫でした。

 

スポンサーリンク

回転数が合わないときの衝撃

 

ただ、ハーレーでクラッチを使わずにギアチェンジするときに、エンジンの回転数が合わないと、かなりの衝撃がありました。この衝撃は、ギアの部品を痛めてる証拠なので、皆さん、絶対やめた方が良いです。最後に念の為に説明しますが、わざと、クラッチを使わないギアチェンジを試したわけではありません。30年ぶりに、長時間ハーレーに乗り、クラッチレバーを握る左手が筋肉痛で握力がなくなったのです。

 

1時間ほど走行すると、すぐに左の前腕が痛くなり、クラッチレバーを握れなくなったのです。正確に表現すると、クラッチレバーを握らずにギアチェンジしたのではなく、左手の握力がなくなり、クラッチレバーを握れなかったのです。

 

特に、今回のハーレーレンタルでは、都内を長い時間走ったので、狭い道で交通量が多く、ハーレーを停車させ休憩する場所を見つけるのが困難でした。休憩するために、広い駐車スペースのあるコンビニまで、なんとか辿り着こうと、クラッチなしのギアチェンジを余儀なくされたのです。

 

ハーレーに実際に乗って思ったことは、かなりの体力を使うという事実でした。40代を過ぎてスポーツをしなくなった人は、身体を鍛えるのにハーレーは最適かもしれません。ハーレーに楽しみながら乗るだけで、間違いなく筋肉アップ、体力アップになります。

コメント