Flex10にSSDを入れ体感速度が倍に、改造してしまうので自己責任

更新日:

 

SSDの驚きの体感速度

 

最初に、この記事のようにlenovo Flex10を一度分解してしまうと、その後は、メーカーによる修理などができなくなりますので、自己責任でお願いします。

 

デスクトップPCのハードディスクをSSDに変更してから、その体感速度に驚き、初めて経験する操作性の虜になってしまいました。

 

何しろ、あまりに速すぎて、マウスを押した瞬間にブラウザが立ち上がりますから、感覚的には、マウスのボタンを押す前に起動している感じさえします。

パソコンが次のアクションを予測してアプリを立ち上げているような不思議な感覚になります。

 

 

準備したもの

 

前置きが長くなりましたが、早速、lenovo Flex10のハードディスクをSSDに変更します。

 

OSは、Windows10です。

 

用意したもの

 

SSDディスク 250GB

Samsung SSD 850 EVO 12,960円
(私はもう1台のノートPCも交換するため2台購入しました。)

 

外付けCD 3,000円~

 

内臓ハードディスクをPCのUSBに繋ぐ装置

HDD/SSD→USB3.0 OWL-PCSPS3U3U2 3,000円~6,000円

 

内臓ハードディスクをPCのUSBに繋ぐ装置は、持っていると便利なツールです。パソコンがクラッシュしたときなど、内臓ハードディスクだけを取り出して、そこからデータを救出できます。

 

では、実際にハードディスクをSSDに交換します。

 

 

交換前の起動時間を計測

 

その前に体感スピードの違いを計測するために起動時間をストップウォッチで測ります。交換する前の起動時間は40.9秒でした。

 

 

 

ハードディスクを丸ごとSSDへコピー

 

最初に、Flex10のハードディスクを丸ごとSSDディスクへコピーします。

 

コピーするためのソフトは、Samsung SSD 850 EVOに添付されている、Samsung Data Migration を使用しますので、最初にインストールします。

 

Samsung SSD 850 EVOの中身です。

 

 

英語のマニュアルですが、丁寧に図で表示されているので、番号順に行えばOKです。

 

 

SSDディスクをUSB接続します。

 

 

Samsung Data Migration の複製開始ボタンを押します。

 

するとlenovo Flex10の内臓ハードディスクの内容がSSDディスクへ丸ごとコピーされます。

 

複製(コピー)は、かなり時間がかかるので、何かほかのことをしながら待ちましょう。

 

 

内臓ハードディスクをSSDへ交換

 

コピー(複製)が終わったら、内臓ハードディスクの交換です。

 

まず、シャットダウンして電源を切ります。

 

本体を裏返して、ネジの場所を確認します。ネジを全部外します。

 

 

キャップのついているネジも外します。これでメーカー保証や修理は受けられなくなります。

 

 

ネジをはずしたら、本体の隙間にマイナスドライバーを入れ、蓋を外します。

 

ここはちょっと勇気が必要です。

 

本体が割れてしまうのではないかという恐怖感との闘いです。

 

思い切って蓋をはがします。

 

USBポートのあたりから開け始めると良いです。

 

割れそうで怖いですが、思い切り

 

 

Flex10の中身

 

蓋をはがすと、このようになっています。

 

内臓ハードディスクが見えます。

 

内臓ハードディスクを止めているネジを外し、内臓ハードディスクを取り出します。

 

 

 

内臓ハードディスクの接続端子の向きを間違えないように、ソケット類を外し、SSDディスクへ付け替えます。

 

 

そして、本体へSSDを固定します。

 

蓋をパチンパチンと止めて、ネジで固定します。

これで、完了です。

 

SSDへ交換後の起動時間

 

起動させてみると、起動時間はなんと21秒、体感スピードはかなり速く感じられます。SSDへの交換前は40.9秒でしたので、ほぼ倍のスピードです。もったり感は皆無になりました。

-パソコン
-, , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.