回線速度が急に遅くなる、フレッツ光がADSLより遅くなる状態

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

インターネットの回線速度が、2016年に入って急に遅くなりました。光回線なのにADSLより遅いのです。家庭内LANを構築しているので、様々な原因が考えられます。回線を切り分けて原因を究明します。回線速度が遅いと妙に心配になります。

スポンサーリンク

回線速度が2016年から遅くなる

 

2016年に入ってから、急にインターネットの回線速度が遅くなりました。昨年(2015年)までは、回線速度を測定するサイトで計測すると、上下とも30Mbpsくらい出ていましたが、今は1~5Mbpsくらいです。ADSL回線より遅く、これでは光回線の意味がありません。

 

回線速度が遅いことに気付くと、頻繁に速度を計測したくなります。なぜか不安になりますし、光回線料金を無駄に支払っているような被害妄想を感じてしまいます。

 

ADSLより遅い光回線はショック

 

光回線に切り替える前は、電話回線を利用したADSLで7Mbpsくらいでした。現在(2016年2月)、光回線とは思えない回線速度です。1~5Mbpsと、かなり遅くなってしまいました。

 

速度が低下する原因をいろいろと考え、接続方法を変えたり、LANケーブルを交換しました。ところが、どんどん遅くなる感じです。

 

スポンサーリンク

現在の遅い光回線

 

我が家の光回線は、NTT東日本のフレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプです。プロバイダーはYahooBBです。

 

今日の計測は、なんと1Mbpsです。

 

とほほ・・

 

なんとか速度を改善しないと、フレッツ光の利用料金がもったいないです。原因はプロバイダーの方かもしれません。

 

ネットワークの回線を切り分けて、回線速度が遅い原因を突き止めたいです。我が家は、かなり複雑な家庭内LANを構築してます。少しずつ原因を考えます。

 

回線速度が遅くなる要因

 

ネットワーク回線が遅い主な要因は、次のものが考えられます。

 

フレッツ光回線自体の利用者が多くて遅い、混んでいる

 

自宅のネットワークの中で、速度を低下させる機器がある

 

ネットワークの接続方法が間違っている

 

これらを検証します。

(原因が判明し、回線速度が改善したので、詳しい内容を別記事で掲載しました。)

コメント