独自ドメインとレンタルサーバーのSEO効果、有料と無料で迷う


独自ドメインはSEOに有利か

Googleの検索結果で上位に表示されるには、昔は、独自ドメインが有利でしたが、現在(2018年)は、ほとんど影響はありません。

検索結果のアルゴリズムが進化して、コンテンツの質を評価する方法に変わったので、役に立つ内容であれば、独自ドメインでなくてもGoogleの検索結果で上位表示(最初の1ページ内)が可能です。

ブログなどは、独自ドメインよりも、記事の内容の方が高く評価されています。

以前(2013年)は同一ドメインは不利

少し古い話ですが、以前(2013年10月頃)は、ブログのアクセス数を増やすSEO対策として、独自ドメインが有利なことをGoogleが公表していました。

記事の内容が良質であることも必要ですが、独自ドメインが検索結果に大きな影響を与えていました。

これは、Googleの検索結果で、同一ドメインで複数のページが上位表示されると、表示数が制限されていたからです。

無料ブログの多くは、ルートドメインが同一なので、検索結果の上位表示が不利になると言われていました。

2013年5月15日、米Googleウェブスパム対策チームの発表では、検索結果に表示される件数は、同じドメインの場合、通算4件に制限されるとのことでした。

しかし、2018年現在は、サブドメインであれば影響はありません。

Seesaaブログなどはサブドメイン方式で完全無料ですが、かなり上位表示されます。

私のブログは、Seesaaブログで記事数49ですが、2018年1月現在で、Googleの平均掲載順位は8.9です。キーワードによっては掲載順位1位の記事が多数あります。

やはり有料サービスが安心

Adsenseなどのアフィリエイト収入の増収が見込めるなら、無料ブログから、有料の独自ドメイン取得とレンタルサーバーに切り替えた方が、結果的に有利です。

無料ブログは、記事が消えないという保証はなく、場合によってはサービスの停止もあり得ます。無料の場合は、それなりのリスクがあります。

最初の頃(2011年5月)は、ブログを作成しても、アフィリエイトで稼げると思っていなかったので、月額費用のかかる独自ドメインやレンタルサーバーではなく、完全に無料でブログを複数作成できるSeesaaを利用しました。

2013年後半から、ようやくAdsenseの月収が1万円近くになり、これなら有料のドメイン取得とレンタルサーバーを借りても、損はせず、十分にペイできると考えました。

独自ドメインとレンタルサーバーの選び方

そこで、独自ドメインとレンタルサーバーを比較検討しました。

以前から利用している無料ブログとホームページの中に、オプションとして独自ドメインやレンタルサーバがあれば、移行作業が楽になり便利です。

しかし、無料サービスを提供していると、それなりにリスクがあるので、やはり、利用者の多い有料レンタルサーバーの方が、経営が安定していると思いました。

そこで、レンタルサーバーのランキングをチェックしました。

レンタルサーバー人気ランキング

レンタルサーバー人気順(ランキング、価格.comより)

1 さくらインターネット ライトプラン
2 ロリポップ
3 さくらインターネット スタンダード
4 KDDIウェブコミュニケーションズ CloudCore VPS
5 DTI 仮想専用サーバー ServersMan@VPS Entry

さくらインターネットやロリポップは、名前を良く聞きますので、安心感があります。

次に、私が今まで無料ブログとして使っていた、SeesaaとFC2を調べました。

レンタルサーバーとドメインの比較

FC2レンタルサーバー
容量30GB
初期費用3500円、1か月1500円
インストール可能アプリは200種以上
登録ドメイン10、サブドメイン100、メールアカウント無制限
24時間メールサポート

FC2レンタルサーバーLite
容量5GB
初期費用2000円、1か月300円
独自ドメインOK、サブドメイン10個、マルチドメインは×
メールアカウント300個取得可能
商業利用 可能

さくらインターネット スタンダード
容量100GB
初期費用1000円、月額500円
マルチドメイン20個

独自ドメインの料金比較

FC2
年間798円(月額67円)

さくらインターネット
年間1800円(月額150円)

レンタルサーバーと独自ドメインの契約

レンタルサーバーと独自ドメインを別々に契約する方法もありますが、一緒の方が、サーバーへドメインを設定するのが簡単です。

迷ったのですが、容量が大きく、複数ブログも可能な、さくらインターネットに決めました。

特にWordpressは、頻繁に更新が必要になるので、バックアップ用としても容量が大きい方が楽です。

次に、独自ドメイン名で迷いました。

ドメイン名は悩みます。

カッコいい名前や憶えやすい名前、ギリシャ神話の女神の名前などを調べました。

独自ドメインをさくらインターネットで取得

独自ドメインとレンタルサーバーは、同じ会社の方が便利なので、レンタルサーバーが月額500円と安く、容量も100GBのさくらインターネットで、独自ドメインを取得することに決めました。

独自ドメインの取得方法です。

独自ドメインの名前は、いろいろと迷いましたが、マインスワールド、mynsworldとしました。語源や由来は特にないです。ただ、思いついた名前です。

mynsworld と入力して、ドメインが使用可能かチェックします。世界でひとつの名前か確認するわけです。

さくらインターネット
ドメイン取得画面

すると、ドメインが取得できるかどうか結果が表示されます。

mynsworld.com は、すでに私が取得したので、赤い字で取得できませんと表示されます。それ以外の文字ならOKです。

クレジットカードでの支払いを選択すれば、すぐに取得した独自ドメインが使用可能になります。

ついに、独自ドメインを取得しました。

当たり前のことですが、世界でひとつだけのドメインです。

「世界にひとつ」、そう考えると、ギネスブックのように、すごくステータスのある名誉なことのように思えてきて、嬉しくなりました。

さくらインターネットの独自ドメインは、年間1800円です。月額に換算すると150円です。

わずか150円で「世界にひとつ」。

月額合計費用

レンタルサーバー 月額500円
独自ドメイン   月額150円

合計で月額650円です。

Adsenseの収入は毎月1万円程度なので問題ない金額でした。

こんなに安いなら、もっと早くに取得すればよかったと後悔してます。

でも、昔は、独自ドメインの取得は年間数万円でした。

無料ドメインもありますが、やはり、無料の場合は、将来的にサービス停止などのリスクがあるので、独自ドメインは、有料の方が安心です。







フォローする