ハーレーダビッドソン、ローライダーのレンタル料金は8時間2万円

ハーレー試乗

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ハーレーのレンタル料金と手続きの解説です。1,600ccのハーレーダビッドソンは、8時間17,000円、車両保険代3,600円の合計20,600円でした。レンタルで注意したいことは、保険対象外の盗難です。休憩中もバイクから目が離せません。

ハーレーのレンタル料金

2016年4月16日(土)、ハーレーダビッドソンを初めてレンタルする日がやってきました。ちょっと失敗したのが、昨夜、会社の人たちと終電まで居酒屋で飲んでしまい、かなり二日酔いに近い状態です。それでも、気を取り直して、貴重なハーレーのレンタルを楽しもうと、朝9時半にレンタル店に到着しました。

 

最初に免許証のコピーをとって、申込書に住所と名前を書きました。承諾書は任意保険のことなどいろいろなことが書いてありますが、すべてチェックすればOKです。車両保険は、転倒して修理が必要なときは10万円未満が免責です。つまり10万円は自腹を切ることになります。10万円以上の高額な修理費用なら10万円の負担で済みます。いずれにしろコケナイことを祈るのみです。

 

ただし、盗難は保険の対象外でした。店の人には聞かなかったですが、万が一、盗難されると車両価格を自腹で弁償することになるようです。レンタル中は目が離せません。

 

レンタル代金は、8時間17,000円、これに車両保険代3,600円を加えて合計20,600円です。

 

車両保険代は現金で支払い、レンタル代金はクレジットカードにしました。車両保険代は現金のみの支払いでした。申し込み手続きは、10分くらいで終わりました。いよいよハーレーの操作説明です。

 

ハーレー、ローライダーの操作説明

レンタル店の前に、ピカピカのハーレー ローライダーが用意されていました。最初にメインスイッチです。シート左下にあるスイッチを90度回します。タンクの上にあるメーターのイグニションランプが点灯し、ニュートラルを表すNの文字が緑になります。この状態で右ハンドルのスタータースイッチを押すとエンジン始動です。1,600ccのエンジンは、静かな音です。しかし迫力がありました。

 

次に、ハーレーから離れる時の盗難予防の説明でした。スイッチのロックとハンドルのロックの説明を受けました。キーを差し込んで回すだけなので難しくありません。ここで、エンジンを切ってから、ガソリンタンクの蓋を開ける練習をしました。鍵を差し込んで回してから、ガソリンタンクの蓋を回すのですが、少しコツが必要でした。まあ、ガソリンスタンドの人もいるし大丈夫でしょう。ガソリンはハイオクで満タン返しです。

 

操作説明を終え、いよいよ待ちに待ったハーレーデビューです。

コメント