健康のため大好きな「ビール」をやめたいとき、代わりの飲み物

スポンサーリンク
人生100年時代

ビールの代わりになる炭酸水の解説です。私は、まもなく60歳です。最近は血圧が高くなり、耳鳴りもします。そこで血圧を下げて、健康になるため、大好きなビールをやめようと思いました。ビールの代わりになる炭酸水を探してみます。

スポンサーリンク

血圧を下げるため、ビールを断つ

 

私は、まもなく60歳です。昨日(2019年11月20日(水))、腰痛のため、仕事を休んで近くの温泉へ行きました。男湯の入口に置いてある血圧計で測定しました。156-90でした。高血圧の基準である140を上回っています。そう言えば最近、耳鳴りがひどいです。やはり、アルコールとタバコが原因でしょう。

 

2年前(57歳)から、職場の同僚との飲み会を減らしてきました。若い30代の頃は、ビール大ジョッキを10杯以上飲んでも平気でした。しかし55歳を過ぎたあたりから、ビールを飲み過ぎてしまい、記憶がなくなることが増えました。月に2〜3回の飲み会ですが、2時間くらいビールを飲むと、(おそらく大ジョッキ6杯くらい)記憶が飛ぶようになりました。

 

同僚との飲み会を終えて、会計を払うときの割り勘も、うろ覚えです。払ったような、払ってないような感じです。同僚たちと別れる場面は覚えているのですが、その後、どうやって家に帰ったか覚えてません。そして、いつも普通に帰るより2倍近く時間がかかっています。23時には家に到着するはずなのに、終電が多いのです。

 

翌朝、妻に聞くと「ぐでん、ぐでんに酔ってたわよ。」というケースが増えてきました。(これは、まずい)と思い始めました。酔っ払ってしまい、電車の中で、隣の女性に寄りかかれば、あぶないです。座席に座っていて、倒れそうになり、隣の女性の太ももに手をついてしまえば、間違いなく「痴漢」です。もし誰かと肩がぶつかって、喧嘩になるかも知れません。

 

そこで、同僚と外で飲む回数を減らしました。2年前までは、月に2〜3回の飲み会でした。それを3ヶ月に1回ほどに減らしました。年間に換算すれば、36回を4回にしました。

 

しかし、家で飲むアルコールは、やはり発泡酒になってしまいます。毎日350mlを2〜3本飲んでしまいます。飲み会の回数を減らしたので、発泡酒2〜3本なら、それほどアル中ではない気もします。しかし血圧の高い原因かも知れません。

 

そこで、ビール(発泡酒)の代わりになる飲料を探すことにしました。

 

スポンサーリンク

ノンアルコールビール

 

2019年11月現在、ノンアルコールビールは、やはり、美味しくありません。6年前(2009年)に初めて登場した頃は、「薬を飲んでいるよう」で、まずかったです。それに比べると、だいぶ美味しくなったのですが、やはりビールや発泡酒のように美味しくないのです。

 

車を運転するときは、ノンアルコールビールを飲みますが、ビール代わりに飲むとなると、少し微妙です。ビールに似ている分、ビールと同じ味を求めてしまいます。

 

ノンアルコールビールには、何か足りないのです。最近は、アルコールを足せば美味しくなるかもと思い、ノンアルコールビールに焼酎を入れて飲みました。ノンアルコールビールの意味が全くありません。さらに美味しくありません。

 

スポンサーリンク

炭酸水

 

車を運転するときはノンアルコールビールが最適です。しかし、それ以外の場面では、ノンアルコールビールは、余計にビールが飲みたくなってしまいます。

 

そこで、別の飲み物を探すことにしました。炭酸飲料です。私は、学生時代からコカ・コーラが大好きです。あの爽快感は、堪りません。コカ・コーラは、昔から飲んでいるので、他の炭酸水を探します。

ウィルキンソン タンサン WILKINSON TANSAN 税込み90円

飲んだときの「口当たり」と「のどごし」はビールに近いです。そして、さっぱりしています。

ひとくち飲んだときに、口の中で発泡する感じが良いです。

 

SUNTORY 天然水 SPARKLING 税込み90円 有機レモン使用 炭酸水 無糖0kcal

口当たりはビールに近いです。全体的には、レモン味なので、ビールよりも
酎ハイに近い感じです。美味しいです。

 

コメント