引っ越し当日、アートさんに全てお任せ

更新日:

若い独身の頃は気軽に引っ越していました。

19歳で初めて田舎から東京に状況した時は、池袋の五差路のちょっと先のボロアパート(大家さんは良い人、でも古い、ごめんなさい)で、広さは4畳半くらいしかなく、トイレと風呂はなし、部屋の入口にガスコンロと流し台があるだけのアパートでした。

それでも田舎者にとっては、都会暮らしが出来るだけで憧れだったし、大家さんの娘さんに会うのも楽しかったものです。

引っ越し貧乏

池袋に2年ほど住み、その後、新宿に2年、巣鴨に1年、杉並に2年など、その後も転々とし、結局、田舎→池袋→新宿区落合→巣鴨→下井草→練馬区田柄→杉並区→練馬区 これだけ若い頃から引っ越しました。

やっぱり引っ越し貧乏ですね。

そして、今回、ほぼ30年ぶりに杉並区から練馬区へ引っ越しすることになりました。引っ越しは専門業者にお願いしました。土地を紹介してもらった東急リバブルさん経由だと割引でき、さらに2社からの見積書を比較して交渉したところ、かなり安くなりました。

 

引っ越しの1か月ほど前に、電話で見積もりを依頼し、2社ともOKだったのですが、アート引越センターさんに一発で決まってしまいました。その理由は、アート引越センターさんの営業さんの腕です。人柄というか誠実さに引き込まれてしまいました。

 

アート引越センターとのご縁

引っ越す前の杉並の我が家は、広さ60㎡で3LDKでした。かなり狭い家です。アート引越センターさんの最初の見積もりは、20万円でした。でも、これは見積もり合わせ、つまり他社との比較が前提の価格で、今、即決してもらえば18万円になるとのことです。

 

ここで、妻と、30年ぶりに見つめ合いながら、しばし考えました。引っ越し費用は概算で20万円くらいだろうと考えていたので、まあ、高くはない引っ越しの見積もりです。妻とこんな会話をしたところビックリでした。

「うーん、どうしようか、アートさんに決めようか?」

「そうねえ、アートさんと縁があるのかもね!!」

ここで、アート引越しセンターさんが、「ご縁ですか?」と言うので。

「いや、実は、30年前に、この家に引っ越して来たのも、アート引越センターさんなんですよ、30年前に引っ越して来て、また、引っ越して行く、それをアート引越しセンターさんへお願いするとなると、もう、なんか他人とは思えない感じもしまして・・」

 

すると、営業担当の人も、ご縁を感じてくれました。

 

「わかりました、これは、やはり、何かの縁だと思います、さらに値引きさせてください、18万円から1万円引いて、総額17万円でどうでしょうか、梱包まですべて含んだフルコースのパックで行います。」

 

妻と二人でうなずきました。

 

「はい、それではアート引越センターさんにお願いします」

 

これで、引っ越しはアートさんに17万円で決定しました。この後、見積もりをお願いしていた引っ越し業者さんは丁寧にお礼を言って断りました。

 

妻も私も50代なので、引っ越しは梱包までお願いしました。

 

アート引越センターさんのプロの作業

当日は5名の人が来て、2トントラック2台で朝8時から作業してくれました。アート引越センターさんは仕事が良いですね。若い人たちもプロという感じで、何しろテキパキと作業が早いです。

8時に梱包開始して、11時30分で2トントラック2台に詰め込み完了です。

アートさんは、コンビニで休憩と食事してから新居へ向かうとのことでした。

私と妻も、新居近くのスーパーで弁当を買って新居へ向かうと、すでにアートさんは養生を始めていました。なんと手際の良いことでしょう。さすが、アート引越センターさんですね。

新居への搬入も素早くて、しかも、別の宅配業者の家具の移動まで手伝ってくれました。なんでも手伝ってくれる安心感がありました。午後3時には引っ越しは全て完了していました。アート引越センターさんは、やはり一流企業だけあって仕事も一流でしたね。

 

 

 

-マイホーム
-,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.