豊洲市場開場前の写真と築地市場移転問題の簡単なまとめ

豊洲市場 その他
豊洲市場
この記事は約3分で読めます。

豊洲市場への移転前の写真と、築地市場から豊洲市場への移転問題を簡単にまとめました。築地市場が老朽化し、改修工事費用が莫大になるため、豊洲市場へ移転することが決定しました。しかし土壌汚染問題により移転が約2年間延期されました。

スポンサーリンク

豊洲市場の2017年4月の写真

 

2017年4月28日、現在、マスコミで問題となっている豊洲市場の写真を撮影してきました。小池都知事が、築地市場から移転するかどうか、の判断を迫られている豊洲市場を撮影してきました。

 

普通に考えると、これだけ豊洲市場で問題が噴出してしまったので、小池知事の決断としては、もはや選択の余地はないでしょう。移転せずに築地市場を改修する方向しかありません。

 

すでに豊洲市場は、土壌汚染など様々な問題があることを日本中にアピールしてしまいました。その風評は、もはや消えません。土壌汚染の疑われる土地で、魚などの食べ物を扱うのは、気になります。

 

今さら、豊洲にいけません。もし、豊洲に行くなら、これだけの混乱をもたらした、東京都知事の責任問題になるでしょう。

 

スポンサーリンク

立派できれいな豊洲新市場

 

見てのとおり、豊洲市場は、ものすごく立派な建物です。そして現在(2017年4月28日)は、誰もいません。

 

豊洲市場が稼働すれば、おそらく卸業者の車で一杯になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

公園もありました

 

豊洲市場の隣には、立派な公園が整備されています。現在(2017年4月28日)は、立ち入り禁止です。

 

とても良い場所なので、使われていないのが残念でした。見学コースが欲しいです。警備員さんがたくさんいるので、オープンするまでの間、有料で開放する方が良いと感じました。

 

ガラガラな豊洲市場です。有料の見学コースとか観光コースも有意義な活用方法です。

 

駐車場です。ガラガラでもったいないです。

 

それにしても、誰もいない・・・東京都内なのに。

 

スポンサーリンク

都内なのに誰もいない豊洲市場前駅

 

昼間なのに、誰もいない、市場前駅。東京都内なのに、人混みや混雑とは無縁です。

 

誰か乗るんでしょうか?

 

市場駅前のエレベータですが、誰もいません。

スポンサーリンク

豊洲問題の経緯

 

2001年(平成13年)に、築地市場の改修に莫大な費用が必要となることが判明し、江東区豊洲への移転が決定した。

予定では、豊洲市場は2016年5月に完成し、2016年11月10日開業。

 

2016(平成28)年8月2日 小池都知事就任。圧倒的大差で選出された。

 

2016(平成28)年8月31日、小池都知事が「土壌汚染対策が完全ではない」として開場の延期を宣言。

 

2017(平成29)年6月20日、小池都知事は、「一度豊洲に移転し、5年後再び築地に戻す」とした。

 

2017(平成29)年12月20日、小池都知事は「2018(平成30)年11月10日に移転し、築地市場は解体する」と変更。

 

2018(平成30)年7月31日、土壌汚染対策が完了し、小池都知事により豊洲市場の安全宣言が出された。

 

2018(平成30)年10月7日から10日で築地市場から引っ越し

 

2018(平成30)年10月11日(木)、豊洲市場が開場。当初の開場予定日の2016年11月10日から、ほぼ2年間延期されたことになる。

コメント