舛添都知事の常識とは、辞職に追い込まれた理由、弁護士の報告が命取り

国民の思いを感じられなかった弁護士の判断

2016年6月、舛添東京都知事の政治資金流用疑惑について、都知事が選任した、第三者調査という弁護士が記者会見しました。

「違法ではないものの、不適切と言わざるを得ない」

予想どおりというか、理解に苦しむ言葉で説明していました。

都知事は、「違法ではない」ということを証明したかったのでしょうが、かなりズレていました。

マスコミや都民、国民が問題視しているのは、公私混同に対して、何も反省していない態度です。

都民の税金を私物化して、謝罪もせずに平然としていることを問題視しているのです。

公私混同の判断

そもそも、検事や弁護士、裁判官などの法律の専門家は、法律についての専門家であって、世間一般の常識や感覚を持ってない人が、一部に存在します。

およそ1割程度の変な人たちですが、いわゆる、法律は知っていても、一般常識は知らない人たちなのです。周りの空気が読めない人たちです。

あまりに一般常識とかけ離れた裁判官による判決が多くて社会問題になり、裁判員制度を作った経緯もあるくらいですから。

違法と常識の判断

よくよく考えれば、六法全書ばかり見ながら孤独な青春時代を送ってきた人と、多数の友人と遊びながら、テレピの娯楽番組などから、社会の様々な情報に触れて育った人とは、成人になってから、物事に対する感じ方や考え方が違うのは当然です。

そして、国民の多くは後者なのです。

国民の多くは、法律の専門家ではありませんし、法律に則して物事を判断しません。自分の過去の経験、育ってきた環境から、直観的に善悪を判断します。

違法かどうかではなくて、国民の多くが、どう感じるか、が一般常識です。

国民の税金を使用する人たちは、常に説明責任を負います。そして、国民が疑問に感じるような、一般常識から外れた言動を、敏感に気付くセンスが必須です。

公私混同の判断は、法律の専門家ではなくて、普通の感覚を持つ人たちが行うべきでした。マスコミのように、多くの人がどう考えるか、常識的な感覚を持つ人たちが適任でした。







フォローする