SMAP復活の可能性、マネージャーがジャニーズに戻る可能性

更新日:

 

SMAP解散発表

 

2016年8月14日、お盆に、SMAP解散が発表されました。

 

いろいろと過去の積み重なりもあり、本人たちにしかわからない理由による解散と思いますが、それでもSMAP解散は、残念で仕方ありません。

 

2015年1月の週刊誌が発端となり、ジャニーズ事務所の副社長が、SMAPを連れて出て行きなさいと発言したわけですが、副社長の真意は少し違っていたのです。

 

副社長は、記者の質問に対して、売り言葉に買い言葉状態で、記者の思惑に乗せられての発言でした。ジャニーズ事務所内での派閥争いなど絶対にないということ、許さないということを記者に見せつけるために、敢えてパワハラとも取れる、強い表現をせざるを得なかったのです。

 

仲間割れを狙う記者へ、ジャニーズ事務所の結束が固いことをアピールしたかっただけです。

 

それが、週刊誌の記事と、それに続くマスコミ報道によって、別の方向へ大きく曲げられてしまったのです。

 

 

副社長の真意

 

副社長は、マネージャーもSMAPも、クビにするほど嫌いではありませんし、ジャニーズの人気に貢献してきたので、感謝していたはずです。

 

ジャニーズに裏切り者など存在しない、と今でも思っているのです。

 

ただ、副社長という立場上、組織のルールを守らせなくてはいけないので、派閥抗争するなら出ていけという発言を修正できないのです。
SMAPを復活させる唯一の方法は、マネージャーが事務所に戻り、もう一度SMAPをプロモーションすることです。

 

ジャニーズ事務所が、会社内に100パーセント出資の海外部門進出などの専用ベンチャー子会社を作って、マネージャーを社長として迎え入れ、解散発表前のようにSMAPをプロモーションするのです。

 

SMAPはマネージャーと一心同体なのですから、常に一緒じゃないとダメです。

 

しかし、実際は、香取くんの気持ちが変わらないので、可能性はゼロです。

 

香取くんとマネージャーに理解して欲しいのは、SMAPメンバーだけでなく、日本国民のほとんどが、マネージャーの、今までの計り知れない功績を理解し、感謝していることです。

 

木村くんの本心も、結婚のときのわだかまりもありましたが、それ以上に言葉にできないほど、マネージャーに感謝していたのです。

 

SMAPに会わせてくれたマネージャーに感謝していない人は皆無です。そして、感謝の気持ちは、事務所も副社長もみんな同じだったのです。

 

今回のSMAP解散の原因は、2015年1月の週刊誌記者による悪意の潜む質問です。取材自体が、売り言葉に買い言葉になるように仕組まれていました。

 

週刊誌としては、国民が驚くような記事にできれば、飛ぶように売れるわけですから、常套手段なのでしょうが、多くの国民を不幸に導くような記事は、マスメディアの姿勢として正しくありません。

 

SMAP解散は、誰にとっても残念なことでした、このような結果になってしまったことに対して、週刊誌の記者には、猛省してもらいたいところです。

-その他, 秘密のメモ
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.