SMAPの木村くんの判断が日本社会の主流、誰かを守ろうとして解散

SMAPが解散した原因を勝手にまとめました。SMAPメンバー本人たちしかわからないことですが、誰かが裏切ったのではなく、メンバー全員が、それぞれ大切なものを守ろうとした結果が解散に繋がってしまったのです。

中居派か木村派か

2016年8月27日、テレビの「お笑い向上委員会」で、SMAPの解散騒動が話題になりました。宮迫さんから、中居派と木村派どちらですか、と聞かれ、さんまさんは、ハッキリと木村派だと答えました。

さんまさんは、中居くんとも木村くんとも仲が良いので、木村派という発言に意外さを感じたかもしれません。発言の意味を解説します。

日本社会の主流は木村派

さんまさんが、木村派と言った意味は、「今のSMAPがあるのはファンとジャニーズ事務所のお陰だから、自分たちを育ててくれたファンや事務所を裏切ってはいけない」ということです。

もちろん、マネージャーはSMAP育ての親です。その功績は、ジャニーズ事務所でも一番です。しかし、ジャニーズ事務所に所属していたからこそマネージャーは成功したのです。

副社長が、週刊誌のインタビューでマネージャーを批判したのは、かなり言い過ぎでしたが、記者からの誤った派閥争いの噂を正すためのパフォーマンスもあったのです。

日本社会では、組織に所属する人にとって、一番大切なことは、感謝する気持ちです。

周りの人や会社に対して、常に感謝する気持ちがないと、社会で生きていけません。

SMAPの裏切り者は誰?

SMAP解散騒動で、木村くんが裏切ったと、他のメンバーは思っています。

しかし、日本社会の中で、組織ということを考えれば、木村くんの考え方、つまり、「やはり、ここまで育ててくれた事務所を裏切ることはできない」という考えの方が正しいのです。

木村くんは、仲間であるSMAPメンバーを大切に思っているので、メンバーを批判するようなことは一切しません。木村くんから言わせれば、裏切り者は、今までの恩を感じずに、事務所から独立しようとするメンバー4人と思っているはずです。

木村くんの気持ち

実際のところは、木村くんの気持ちは、本人の心の中にあるので、周りの人は想像するしかありません。

ただ、SMAPを存続させようとして一番奔走していたのは事実です。

ジャニーズ事務所から独立した後は、活動の場が制限されることは間違いないですし、収入も激減します。

木村くんは、翻意する前は、相当悩んだはずです。

いろいろな人に相談し、多数のアドバイスを受け、すべてを考えた結果でした。

SMAP解散の原因は誰かを守るため

SMAPを守るため、ファンを守るために木村くんは翻意したのです。SMAPを守ろうとした人がSMAPの裏切り者のはずはありません。

SMAPの解散は、誰かが裏切ったのではなく、それぞれのメンバーが誰かを守ろうとした結果です。

木村くんはSMAPとファンを

中居くんはメンバーを

草彅くんと稲垣くんは香取くんを

香取くんはマネージャーを

みんなが守ろうとして解散したのです。

SMAPには感謝しかありません。







フォローする