WordPressのテーマ、有料と無料でアクセス数を比較、Simplicity2とAFFINGER4pro


有料テーマのメリット

私のブログは、2015年から無料テーマのSimplicity2を使っていました。

Simplicity2は、Adsenseが簡単に設置できて、内部SEO施策済みの無料テーマです。スッキリしたデザインで、記事を更新するたびに、アクセス数が順調に伸びてきました。

アクセス数の増加に比例し、Adsense収入も増えて、毎月一万円程度の小遣いが稼げるようになりました。

Adsense収入の月額が千円くらいのときは、さほど感じなかったのですが、さらに欲が出てきました。

収入アップのため、少しでもアクセス数が多くなりそうな方法を試したくなります。

WordPressのテーマは、無料のテーマから有料のテーマまで、多数の種類があります。

人間の心理とは不思議なもので、何となく、無料より有料テーマの方が良さそうと思い、有料テーマの効果やメリットを調べました。

有料テーマは、Googleの掲載順位が上がるのか、アクセス数がアップするのか、などを調べました。

すると、やはり有料テーマの方が、カスタマイズが豊富でメリットがあるという情報が多くありました。

有料テーマを使う人が、実際に多数存在するということは、何かのメリットがあるはずと思いました。

そこで、有料テーマを購入することにしました。

有料テーマも数が多くて、賢威、AFFINGER4pro、TCDで迷いました。

迷った結果、次の理由で、AFFINGER4proを税込み9000円に決めました。

値段が安い

複数サイトに使用可能

稼ぐサイトの設計図~[付録]WordPressテンプレート「AFFINGER4pro」販売価格 9,000円(税込)

早速、Wordpressで公開しているサイトを、無料テーマのSimplicity2から有料テーマのAFFINGER4proへ変更しました。

Simplicity2からAFFINGER4proへ変更するときの設定

WordPressのテーマを、Simplicity2からAFFINGER4proへ変更すると、次の設定は完全に引き継げず、再設定(やり直し)になります。

Adsense広告を記載したウィジェットの内容と掲載位置

Googleのアナリティクスの認証コードとサーチコンソールのHTMLタグの設定

テーマを変える前に、メモ帳などで内容を保存しておくと効率的です。

テーマ変更後の設定作業は、30分くらい必要でした。

AFFINGER4proの効果

アクセスアップを狙って、有料テーマのAFFINGER4proへ変更し、一ヶ月間、様子を見ました。

その結果、アクセス数の増加は、特に感じられませんでした。Googleの検索結果順位も変わりません。

一ヶ月間のアクセス数だけを比較した場合、Simplicity2とAFFINGER4proに差はありませんでした。

これは、もともとSimplicity2自体が内部SEO施策済みのテンプレートなので、アクセス数に差がないのかもしれません。

AFFINGER4proのメリットとデメリット

AFFINGER4proのメリットは、あらゆるカスタマイズが、チェックボタン一つで簡単に可能なことです。あまりに機能が多過ぎて驚くほどでした。

しかし、AFFINGER4proのデザインが、自分がイメージするように設定できませんでした。

サイト全体の文字の大きさや、メニューの見やすさに物足りなさを感じました。カスタマイズ機能が多すぎて、デザインを思い通りに設定できませんでした。

一ヶ月間のアクセス数を比較した結果、AFFINGER4proにメリットがなかったので、Simplicity2へ戻しました。

Simplicity2の方が、デザインの設定が簡単で見やすいです。

Simplicityのトップページをカテゴリで表示する方法

AFFINGER4proでは、設定画面で簡単に、トップページに表示されるカテゴリを絞って表示できました。

しかし、Simplicity2では、トップページの表示は、Wordpressの標準表示方法である、記事の新しい順です。

特定の分野に特化した専門型のブログなら全く問題ないのですが、このブログのように様々なカテゴリを含んでいると、最新記事の一覧がゴチャゴチャの記事になってしまいます。

そこで、見栄え良く、同じカテゴリーの記事のみを表示したくなります。

特定のカテゴリだけをトップページに表示したいものです。

調べると、ピッタリの、Advanced Category Excluder というプラグインがありました。

Advanced Category Excluder プラグインは、トップページで表示したくないカテゴリーに、チェックを入れるだけで簡単に設定できます。

つまり、表示したいカテゴリー以外をを選び、非表示に設定するわけです。

これで、特定のカテゴリーの記事だけをトップページに表示できます。







フォローする