Googleスピードアップデート対応、さくらの新プラン乗り換えで失敗

イギリスのロンドン
イギリスのロンドン

さくらインターネットのレンタルサーバでプランを乗り換える方法の解説です。2018年4月18日からスタンダードプランが新しくなり、動作速度が大幅に改善されました。新しいプランへ乗り換えるためのWordpress移行方法の解説です。

乗り換えクーポンのご案内

2018年6月28日に、さくらインター
ネット株式会社のカスタマーセンターからメールで案内がありました。メールのタイトルは「さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン乗り換えクーポンのご案内」です。

さくらのレンタルサーバ スタンダードプランは、2018年4月18日以降の新規申し込み分から、PHPで動作するWordPressアプリケーションなどの高速化を実施し(PHPモジュールモード)たので、クーポンコードを使って割引価格で乗り換えできるというものでした。

クーポンコードの割引価格は1,544円(初期費用+ご利用料金1ヶ月分が無料)です。

乗り換えによって、インターネットでWordPressサイトを見るときに、サクサクとすぐに表示されるようになるというものです。

同じスタンダードプランでの乗り換えになるので料金は変わりません。料金が同じで表示速度が速くなるのです。

最初に案内のメールを見たときは、いろいろなところから送られてくる宣伝と同じように思っていました。いずれ乗り換えようと考えていました。

実際の表示速度とGoogleスピードアップデート

ところが、2018年6月にメールで案内をもらってから、妙に表示速度が気になってきました。いろいろな表示速度測定サイトを試しましたが、私の運営しているサイトは判定結果が良くありません。PageSpeed Insightsではモバイルが45で、パソコンが73です。極端に遅くはないですが良くないです。

モバイルは低いですが、パソコンの方はまあまあです。しかし、Googleスピードアップデートは、遅いモバイルサイトの掲載順位が下がるので気になります。

私は、Wordpressでブログを2つ運営しています。Adsenseを利用し月収が2万5千円前後あります。Adsense収入は、Googleの検索結果掲載順位に関係します。

Googleは、サイトの表示速度を検索順位を決める要因のひとつに2010年から取り入れています。検索順位を計算するアルゴリズムになっているのです。

そして、2018年7月からSpeed Updateを導入してモバイル検索のランキング要素になることが発表されました。実際には遅いサイトのランキングが下がるようですが、気になります。

もしかしたら、表示速度を速くすることでGoogleの検索結果掲載順位が上がり、Adsense収入が増えるかもしれません。

プラン乗り換えを検討

いずれ速いプランに乗り換えようと考えていて、しかも料金が変わらないのであれば、2018年7月からSpeed Updateが導入されるので、早い段階で切り替えた方が良いはずです。さくらインターネットは料金が安いのが大きなメリットです。スタンダードプランは月額515円です。年間一括払いなら税込みで5,142円(月額429円)です。

乗り換えにあたり、他の会社の速いレンタルサーバーを検討したのですが、現在一番速いと評判のXSERVERは月額972円なので料金が2倍です。

迷ったのですが、独自ドメインもさくらインターネットなので、同じ会社の方が何かと便利かと思い、プラン切り替えを決断しました。

新プランの申し込み

さくらインターネットのスタンダードプランを新プランに乗り換えるには、新しいレンタルサーバーの申し込みをして、古い方のサーバを解約する手続きになります。つまり一時的に2つのレンタルサーバを持つことになります。サーバそのものが切り替わるのでWordPressを引越しすることになります。初めての経験なので不安もありますが、イメージとしては①新プラン申し込み、②Wordpress引越し、③旧プランの解約です。

新プランの申し込みは、ネット上で簡単でした。さくらインターネットの会員メニューから申し込み可能です。

さくらインターネットのレンタルサーバ

さくらインターネットのレンタルサーバ

支払い方法を選択するだけでした。

さくらインターネット 支払い方法

さくらインターネット 支払い方法

8月6日0:00に申し込み手続きを開始して、0:10に受付完了のメールが届きましたので、およそ10分間で手続き完了です。新しい初期ドメインでサーバコントロールパネルにログインしてWordpressを作成できます。

WordPressを上書きして移転(失敗編)

私は、2013年から、さくらインターネットのレンタルサーバスタンダードプランで2つのWordpressを5年間運用してきました。今まで大きなトラブルはなく、ときどき更新したりデザインテーマを変更するくらいでした。本格的にWordpressを移転した経験はありません。

WordPressの移転方法については、ネット上に多数の情報がありました。しかし読んでも良くわからないので、とりあえず次の手法を試すことにしました。新旧2つのレンタルサーバが同時に一ヶ月は稼働するので、失敗しても元に戻せると考えました。

新レンタルサーバでWordpressを設置する。

旧レンタルサーバのWordpressのフォルダ全てを、FTPソフトFilezillaでパソコンにダウンロードしてバックアップ用とする。

バックアップしたWordpressのフォルダごと、全てのファイルを新レンタルサーバのWordpressへFilezillaで上書きする。

旧レンタルサーバの独自ドメインを削除してから、新レンタルサーバへ独自ドメインを設定する。

新サーバにWordpressを設置

さくらインターネットのレンタルサーバは、コントロールパネルから新しいWordpressを簡単に設置できます。

最初に新しくデータベースを作成します。データベースの名前とパスワードを忘れないようスクリーンショットします。手書きは間違えると恐いです。

次に、このデータベースを用いてWordpressを設置します。コントロールパネルから簡単にできます。10分程度の作業です。設置が完了するとWordpressの初期画面になるので適当な名前をつけておきます。

WordPressをバックアップ

FTPソフトのFilezillaで旧サーバに入り、Wordpressを設置したディレクトリ全てを、パソコン上のハードディスクにダウンロードします。ここが凄く時間がかかりました。Filezillaフル稼働で1時間くらい必要でした。しかも転送エラーのcashファイルが200近くあり、先行きが恐ろしく不安でした。

次にFTPソフトのFilezillaで新サーバに入り、パソコンにバックアップしたWordpressファイル全てを、新サーバのディレクトリにアップロードし上書きしました。これは20分くらいでエラーも出ずに終わりました。

独自ドメインの移転は、コントロールパネルから旧サーバに入り、独自ドメインを削除しました。旧サーバのコントロールパネルから一度ログアウトして、新サーバに入り直し、独自ドメインを新サーバの方で追加しました。

ブラウザでサイトにアクセスすると、まだドメインが有効にならず、表示されませんでしたが10分くらいで表示されるようになりました。

独自ドメインを新しいサーバに設定し、以前と全く同様にWordpressが表示されていることを確認しました。

順調にWordpressの移行が完了したと思っていたところ、大きな間違いに気付きました。

データベースの移行(失敗編)

新サーバのWordpressが順調に稼働したので、念のために、新旧サーバのコントロールパネルのデータを比較しました。旧サーバのスクリーンショットを見ながら新サーバのコントロールパネルでデータ(主に容量や数量)を比較し確認しました。

すると、不思議な状況がわかりました。

新サーバのコントロールパネルにあるデータベース一覧の使用量が、0.88MBと表示され、やけに少ないのです。ほとんど使用してない状態です。これはデータベースが作成されていない可能性があります。

さくらインターネット データベース一覧

さくらインターネット データベース一覧

しかし、新しいサーバに追加した独自ドメインでサイトを確認すると、問題なくサイトが表示されています。過去の記事もクリックすれば表示されます。

新サーバのデータベースが空の状態で、過去の記事が全て表示されるという症状を考えると、古いサーバのデータベースを使っているとしか考えられません。旧サーバのデータベース使用量は86.39MBあるのです。

さくらインターネット データベース一覧

さくらインターネット データベース一覧

そこで、Wordpressでデータベースを設定しているファイルを調べました。データベースを設定するファイルはWordpressディレクトリの中にある「wp-config.php」でした。ファイルの中身をテキストエディタで開き確認しました。すると、予想どおり旧サーバのデータベースが設定されていました。データベース名もMySQLのホスト名も旧サーバのままでした。

Wordpressのwp-config.php

WordPressのwp-config.php

つまり、サイトは正常に表示されていますが、新サーバのWordpressで旧サーバのMySQLデータベースを指定し使用している状態です。

これはまずいです。旧サーバは解約しますし、今回のプラン乗り換えの目的は、データベースも新サーバにして動作を速くすることです。Wordpressを新しくしたのにデータベースが古いままでは意味がありません。これではWordpress移行は失敗です。

現状は、新サーバのWordpressで旧サーバのMySQLデータベースを使っている状態ですから、データベースを新サーバの方へ再設定できれば良いわけです。

WordPressでデータベースを設定しているファイルは「wp-config.php」です。早速、新サーバのコントロールパネルの設定情報を見ながら「wp-config.php」のデータベース設定を新サーバへ書き換えました。

ところが、ブラウザでサイトを見ようとすると白紙画面です。何も表示されません。もしかしたら「wp-config.php」の他にも影響する設定ファイルがあるのかもしれません。こうなるとお手上げ状態です。

仕方ないので、最初からやり直すことにしました。失敗した原因は明らかです。旧サーバのWordpressディレクトリを、そのまま新サーバのWordpressディレクトリに上書きしてしまったので、データベースまで旧サーバになってしまいました。

改善方法としては、新サーバのWordpressが新しいデータベースで動いている初期動作を確認した後で、記事の部分を移す方法に変更します。初期動作のときは空のデータベースで記事は0のはずです。記事がない状態で新サーバのWordpressの動作を確認します。その後で記事部分のデータベースを移転するのです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする