上野公園を埋め尽くしたポケモンGO、モンスターボールの投げ方

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ついにポケモンGO配信

2016(平成28)年7月22日(金)、ついに、日本で、ポケモンGOの配信が始まりました。

早速、ポケモンGOをスマホへインストールして、翌日、都内にある大きな光が丘公園へ出かけました。

朝9時過ぎに公園に行くと、スマホを見ている人は少なくて、意外とポケモンGOをしている人がいません。わりと早時間なので普段とそれほど変わらない感じでした。

初めてのポケモンGOで、操作の方法を確認しながらモンスターを捕まえました。2時間で30匹くらい捕まえました。

ポケモンGOは、起動して歩いていると、スマホがブルっと振動して近くにモンスターが出現します。スマホの画面を見ながら360度回転すると、どこかの位置にモンスターがいるので、モンスターボールを投げつけて捕まえます。

モンスターボールの投げ方

モンスターボールの投げ方が、簡単そうに見えて、意外とむずかしいです。

投げるコツがあるのだと思いますが、同じように投げても、届かなかったり、曲がってしまいモンスターにぶつかりません。

どうやら、いきなりモンスターボールを投げるのではなくて、投げる前に少しクルクルと回してから、狙って投げる方が、ぶつかる確率が高いようです。

投げ方は、今後、いろいろな情報がネットなどに出てくるとでしょう。

上野公園でモンスター出現

モンスターの獲得は、普通の道路に比べて、公園が圧倒的に有利です。

公園の中でも、記念碑やモニュメント、名所的なところの方がモンスターがたくさん出現します。

ポケモンGOが配信された一ヶ月後、上野公園に行ったときは、異常な光景に絶句しました。

不忍池の周りが、初詣で大混雑する神田明神の参拝客のように、大行列になっていたのです。ウジャウジャいる人たちは、みんな片手でスマホを見ながら、ゆっくりと歩いていました。

まるで、新興宗教に洗脳された人たちのようにも見えて、少し怖かったです。

上野公園は、普段でも人が多い公園ですが、公園の歩道を埋め尽くすほどの人出でしたので、売店が繁盛したのは間違いありません。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする