大型二輪の適性検査は心配不要、全員が合格、性格を客観的に見る

大型二輪の適性検査に緊張

いよいよ、実際に大型二輪に乗る日がやってきました。昨夜は、緊張感と不安感に襲われ、よく眠れず、お腹の調子も良くないです。

このプレッシャーこそが快感なんだ、と自分に言い聞かせつつ、自宅から自転車で5分ほどの教習所へ向かいました。

技能教習の前に、適性検査を受けることが義務付けられています。

しかし、適性検査の予備知識が全くありません。筆記試験のように、一定以上の成績を取らないと合格できないのかなと思い、かなり緊張しましたが、全く違いました。

全員合格する適性検査

適性検査の内容は、多数の図形から同じ図形を探したり、数字が並んでいて隣同士の数字が大きいか小さいか比較したり、好きな絵を選んだりします。

心理テストやクイズのようでした。

適性検査は、運転に必要な、判断力や性格を見るらしいです。

54歳の私は、適性検査の問題のほとんどで、半分くらいしか回答できませんでした。

慌てずに、問題文をじっくりと読んだのです。

若い学生たちは、物凄いスピードで手を動かしていたので、全部解けたのかもしれません。やはり若い人たちのスピードには負けます。

大型二輪の適性検査は、既に免許を持っている人にとって、運転するときに、この部分が弱いから注意しましょう、という参考資料程度でした。

それでも、適性検査が終わると、久しぶりに集中したせいか、グッタリと疲れてしまいました。

適性検査に落ちなくて良かったです。たぶん全員合格です、誰も落ちないでしょう。

そして、まもなく、技能教習1時限目です。

ドキドキ緊張してきました。







フォローする