スポンサーリンク

レガシィB4で車中泊するための準備、高速料金1.000円で日本半周

レガシィB4 レガシィ
レガシィB4
この記事は約4分で読めます。

スバルのレガシィB4で車中泊するための準備です。高速料金1.000円の最後のGWに、東京から鹿児島までの長距離ドライブを計画しました。宿泊代を節約するために車中泊を計画しました。レガシィB4はセダン車ですが、シートがフラットになります。

スポンサーリンク

高速料金千円の最後のチャンス

 

2011年4月29日、まもなくゴールデンウイークです。ETC搭載車の高速料金が、土日限定で2009年3月28日から上限1000円になりました。ドライブ好きな人には最高です。しかし2年間の試行的制度でした。

 

その後、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災の影響で、終了時期が延期されていました。それがついに、2011年6月末で廃止される予定です。大震災の復興・復旧予算を考えれば、財源を確保する必要があるので、終了も当然のことです。

 

そこで、高速料金千円のラストチャンスになる、今回のゴールデンウィーク中に、思い切り高速道路を走ることにしました。

 

長期の連続した休日に、安い料金で高速道路を走れるのは、今回が最後のチャンスです。日本一周にチャレンジできるかもしれません。

 

すでに、会社へは休暇を伝えました。早い者勝ちで5月2日と6日を休み、連続休暇をとりました。4月29日から5月8日まで10日間の大型連休となったのです。4月29日と30日に準備をして、出発は5月1日です。実質の旅行可能期間は8日間です。

 

ゴールデンウィークに家族旅行も考えました。しかし、すでに娘たちは予定が入っているらしく、妻も5日が出勤で7日と8日が鹿児島への出張でした。それぞれに予定があって、家族一緒の旅行は無理でした。大型連休に、一人で行動できるチャンスになりました。ひとりドライブなら気軽です。

 

スポンサーリンク

ゴールデンウイークのドライブ計画

 

早速、ドライブを計画しました。

 

できれば、日本一周を計画したいところです。しかし、3月11日に発生した大震災で東北地方は大変です。ドライブ気分で東北地方に迷惑をかけるのは避けることにしました。

 

そうなると、目的地は西日本です。地図で見ると、東京から、車で行ける一番遠いところは鹿児島県です。

 

目的地は、鹿児島県にしました。京都近辺と広島近辺で宿泊すれば、余裕で3日目に到着します。走行距離と休憩時間を考えながら、宿を探しました。サービスエリアの休憩場所も含めて調べました。安い旅館やビジネスホテルなら、予約は必要ないはずです。GWだからと混んでいるわけでもなさそうです。

 

ところが調べると、宿泊代が1泊1万円くらいします。GW料金で高いです。予定では鹿児島まで3泊必要です。宿泊代だけで3万円かかります。今回は、高速料金が安いので長距離ドライブするのです。宿泊代が高いところに泊まるのは、やはり、もったいないです。そこで宿泊は、ホテルや旅館を使わずに、初めての「車中泊」にしました。

 

スポンサーリンク

車中泊がレガシィB4で可能か

 

わが愛車Legacy(レガシィ)B4はセダンです。ワゴンなら室内が広く、「車中泊」で寝やすいですが、セダンなので不安がありました。

 

「車中泊」で一番のポイントは、寝るときに座席シートがフラットになるかです。もしフラットにならないと、座ったまま寝ることになってしまいます。

 

出発準備の4月29日(金)に、「車中泊」の確認をしました。最初に、レガシィB4の座席シートがフラットになるかです。

 

車庫から車を出して、エンジンをかけたまま、電動シートの助手席で実験です。

 

助手席のシートを、電動スイッチで一番前に移動してから、ヘッドレストを外し、シートを後ろに倒します。目一杯倒します。すると、ほぼフラットになりました。

 

レガシィB4はセダンです。後部シートは固定のままです。寝転がって見ると、シートのでこぼこが少し気になります。それでもなんとか、寝ることができます。身長182センチの身体でも、横に寝ることができました。

 

しかし、シートのでこぼこを工夫しないと、身体が痛くなりそうです。ドンキホーテへ行って、車内のシートと寝袋とクッションを買うことにしました。

 

スポンサーリンク

「車中泊」用グッズの購入

 

「車中泊」用に買ったものです。

車内用エアーマットレス 3,980円

同上用メッシュシーツ 1,480円

寝袋 999円

車用ハンドルテーブル 1,480円

充電式ランタン 1,980円

充電式ライト、ラジオ 998円

クッション 2つ 1,400円

 

合計12,317円で、「車中泊」用グッズを購入しました。

 

「車中泊」が可能なら、洗面や風呂は気になりません。休憩場所近くの銭湯や日帰り温泉を利用できます。着替えだけ準備すればオーケーです。

コメント