大型二輪の一本橋、スラローム、クランク、波状路、S字のコツ、教習5時限

2014年10月20日 月曜日

(これまでの教習実績9月27日、10月4日、10月11日、10月12日)

緊張を解くために乗車手順の復習

珍しく土日の予約が取れなかったのですが、ちょうど会社の休暇が取れ、平日に教習所へ行きました。

平日は空いているかと思っていましたが、わりと多くて、大型二輪が2人、中型二輪が3人でした。私が先頭になって教官について走ることになりました。

先頭は、やや、緊張します。

検定試験に備えて乗車手順からスタートです。

右手で前輪ブレーキを握り、スタンドを足で外します。右後方を確認し右足をあげてオートバイに跨がります。

オートバイに跨ったら、すぐに右足でブレーキを踏みます。右足のブレーキは、スタートする時にギアチェンジするまで踏んだままです。

両サイドのミラーを調整します。必ずミラーに手を触れます。

左手でクラッチを握り、右手でスイッチを入れ、初期ランプが消えたら、ニュートラルランプを確認し、セルスイッチを押しエンジン始動です。

右足のブレーキを離し、地面に右足を着けるのと同じタイミングで、左足をステップに乗せ、ギアチェンジする準備をします。足を左右踏み変えます。

左手でクラッチを握ったまま、左足でチェンジペダルを踏み、ローギアに入れます。

左足を地面に着け、右足でリアブレーキを踏んでから、発進合図の右方向指示器を出します。

ゆっくりと右後方を振り向き、車などが来ていないことを確認し、半クラッチでスタートします。走り出したらすぐに2速ギアです。

この手順は、イメージトレーニングしておくと、検定試験が楽になります。

自動二輪コースの外周を走り、大きく八の字走行を2回、その後、スラロームに入りました。スラロームは、時々反対から走ったりして3回ほど繰り返しました。

スラロームのコツ

スラロームのコツは、パイロンをよけるとき、車体を倒すタイミングを可能な限り早くして、アクセルを軽くふかして車体を起こすことです。

アクセルをふかして車体を起こすのがミソなのですが、これが難しいのです。

私の場合、スラローム前半は良いのですが、後半はパイロンをよけるのがきつくなって、リアブレーキを踏んでスピードを落としてしまいます。

教官から、視線が近いのが原因と注意されました。

それと、自分では気付かないのですが、左腕が突っ張っているらしく、左右にスパッとハンドルが切れていないと言われました。

一本橋(平均台)で落ちる

スラロームの次は、ギアを2速のままスピードを落とさずに一本橋を2回渡りました。なんと、最初に一本橋の途中で落ちました。

教官は笑っているし、恥ずかしいので、私も一緒に笑いました。

たぶん、若ければ、2速で安定したスピードなら一本橋から落ちないだろうな、と思いました。

次は、一本橋手前でギアを2速から1速に落とし、アクセルを開けエンジン回転をあげたまま、半クラッチでゆっくりとスピード調整しながら渡りました。

前傾姿勢、ニーグリップ、視線がポイントです。今回は、なんと、一本橋から落ちませんでした。

オートバイにしがみつくようなイメージです。

運転がぎこちなかったせいか、途中で、教官がアドバイスしてくれました。

一本橋(平均台)のコツ

姿勢は、猫背で前傾姿勢とし、重心は、オートバイの前の方を意識する、タンクの上あたりに重心を置くイメージです。

腕は下げる、道路と平行くらい下げる、そして、ハンドルを左右に素早く振れるように、少し肘が曲がるくらいに余裕を持つ。

ニーグリップはしっかり、視線は一本橋の出口を見ること。

不思議なことに、足元に視線を落とすとバランスを崩します。

ギアを1速にして、一時停止したら、深呼吸してからアクセルをふかし、エンジン音が高い状態をキープし、半クラッチでスタートします。

走り始めのスピードは、少し速いくらいにして、まずは一本橋に安定した姿勢で乗ってしまいます。

車体が傾きかけたときは、ハンドルを早めに切りバランスを取ります。

ハンドルを切るとオートバイは自分で起き上がろうとします。

車体が安定したら、リアブレーキでスピードを落として時間を稼ぎます。

10秒以上がクリア条件ですが、バランスが安定する一本橋後半で時間を稼げはクリアできそうです。

今回は落ちずに、時間も余裕でクリアできたので、54歳という年齢でも、教習の技術が身に付いているということを実感しました。

一本橋(平均台)の敗因はトライアル経験

私は、一本橋が苦手なのですが、失敗の原因として、車体のバランスを取るのに上半身を使っていました。

肩や頭を左右に傾けて車体のバランスを取ろうと、もがいていました。

昔、若い頃のトライアル経験がマイナスになっていました。

トライアル車は軽いので、身体の重心移動で、強引に車体のバランスを調整できます。しかし、大型オートバイは重いので、上半身を揺らしても重心のコントロールは無理で、逆にバランスが崩れるだけでした。すぐに一本橋から落ちてしまいました。

大型オートバイでは、上半身でバランス取るのではなく、オートバイにしがみつくようなイメージで、ハンドルを早めに左右に振ってバランスを取ります。

視線は一本橋の出口を見つめたまま、車体が右に傾きそうだなと思った瞬間、すぐにハンドルを右に小さく振ります。

すると、車体が真っ直ぐ起きます。

左に傾きそうなら、すぐに左へハンドルを切ります、左右にハンドルを振ってバランスを取り、頭や上半身は動かさないのがコツでした。

今日は、一本橋の出来が良くて満足でした。

一本橋を終えたら、クランクとS字、波状路を組み合わせて走りました。

クランクのコツ

クランクのコツは、視線を、次に曲がる位置へ向けることです。先を見ることで走行ラインが安定します。

クランクを走るときは2速で半クラッチですから、エンジンを時折ふかし、回転数をあげたまま、半クラッチとリアブレーキでスピード調節します。

車体をあまり傾けずに、内輪差を考えて曲がります。

エンジンの回転数を下げてしまうとバランスが崩れてしまいます。アクセルはブンブンと煽りながら、半クラッチとリアブレーキでコントロールします。

内輪差を意識して、コース幅いっぱい使う走り方です。

S字のコツ

S字のコツは、ギアは2速でクラッチは使わず、直線的に走ります。

曲がる位置で車体を傾けて、曲がり終えたら早めにアクセルを開けて車体を起こします。

アクセルで車体を起こすのがコツです。

クラッチは使わず、アクセルとリアブレーキでスピードをコントロールします。

クランクとS字は、最初から苦手意識なく走れました。

波状路のコツ

波状路のコツは、取り敢えず、アクセルをブンブンふかすことです。

ギアを1速に入れて中腰に立ちます。

アクセルを煽ってふかしながら、半クラッチで段差を越えるイメージです。

私は、最初の時にエンストした恥ずかしい思い出があるので、暴走族が街中でアクセルをブンブンふかすくらいアクセルを開けて、エンジンの回転数を落とさないようにしました。

半クラッチでゆっくりと前に進みながら5秒程度で渡ります。あまり早く渡るのは、車体が踊り出して危険です。

スピードは歩くのと同じくらいです。

私は、クランク、S字、波状路は余裕でした。

大型自動二輪教習でコケる

教官の後ろについて走っているうちに、直角に曲がるところが妙に気になってきました。

教官は、オートバイをゆっくり走らせながら、スパッと車体を倒し、直角に曲がりますが、私は、曲がる時に車体を倒しきれず大きく膨らみます。

(おかしいな、どこが違うのだろう、教官に出来るなら自分も出来るはず、大型オートバイはトルクがあるから、回転数上げずに車体倒して、直角に曲がって見よう、よし、次のコーナーで挑戦。)

教官と同じように、ゆっくりしたスピードで走り、角にさしかかったところで車体をスパッと傾けました。

すると、直角に曲がろうとした瞬間、斜めになった車体は、ノッキングしながらエンストして倒れました。

ガシャという大きな音がして、数人の教官が慌てて駆け寄って来ました。

教官や教習生、全員の視線を浴び、恥ずかしさ満点でした。

教習所でコケると、もう、笑ってごまかすしかありません。

でも、やはり教習所は安全でした。コケても、すぐに教官が駆けつけて助けてくれました。もちろんケガもなかったです。

コケるとは、やはり、運転技術が未熟でした。

それでも、今日で第一段階修了になりました。無事に5時間でクリアしました。見極め良好ですと誉められました。

次は、第二段階に入るので、検定コース二種類を覚えて下さいと言われました。

コースの写真はスマホで写してありますが、コースが複雑過ぎて覚えられる自信が全くありませんでした。

暗記は、ほんとに無理かも、と思いました。







フォローする