アクセス数アップのためGoogle検索サイトへ登録、SEOの必須条件

奈良の長谷寺
奈良の長谷寺

訪問者は検索サイトから訪れる

ブログやホームページの訪問者は、ほとんどの人が、YahooやGoogleの検索サイトから訪れます。

何かを調べようと、キーワードを入力し、検索結果を見て訪れます。

そのため、Googleなどの検索サイトで、検索結果の上位表示が必須です。検索結果のトップページや2ページくらいまでに表示されれば、訪問者が大きく増加します。

最初に検索サイトへ登録

ブログやホームページを開設したときに、最初に行うべきことは、検索サイト(Googleなど)への登録です。

インターネットで情報を探している人たちは、必ず、YahooやGoogleなどの検索サイトで、キーワードを入力して探します。

検索サイトに登録されていないと、キーワードで探すときに発見されないことになります。

ブログやホームページのアクセス数を増加させるためには、Googleへの登録が必須なのです。

2011年から、Yahooの検索エンジンは、Googleの検索技術を利用しているので、現在はGoogleへ登録すればYahooへも自動的に登録されます。

Googleの登録サイトはこちらです。
https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url

サーチコンソールがおすすめ

Googleの検索サイトへの登録は、サーチコンソール Search Console(旧 ウェブマスターツール)を利用すると効率的です。

サーチコンソールでサイトマップを送信した方が、早くGoogleのインデックスに登録されます。

また、サーチコンソールなら検索結果の掲載順位も簡単に調べることができるので、SEOの分析に役立ちます。

昔は、Yahooも自動登録できましたが、現在は、Yahooサイトエクスプローラー登録が終了しました。

もし、お金に余裕がある方は、有料で簡単にYahooへ登録できます。

Yahoo!ビジネスエクスプレスのサイト登録先はこちらです。

また、Bingも登録した方が良いです。

http://www.bing.com/toolbox/submiturl?cc=jp

検索サイトのシェア

検索エンジンのシェアは、パソコン・スマホともに、トップがGoogleで、占有率約67%となってます。

2位がYahooで25%、3位がBingで7%です。

Yahooは、Googleの検索技術を使っているので、事実上、Googleの独占状態です。

Googleがここまで支持されている理由は、利用者を最優先と考え、良質なコンテンツを上位表示させる検索アルゴリズムを使用しているからです。

同じキーワードで検索すると、Yahooの方は、検索結果の間に広告が多く入ります。

また、Yahoo独自のサービスが検索結果に表示されます。







フォローする