奈良の長谷寺、紅葉のおすすめスポット、国宝の本堂から眺める景色

長谷寺駅

2016(平成28)年11月13日、長谷寺のもみじまつりに行きました。

関東に長く住んでいると、奈良の駅名などは、むずかしい漢字で読めないものが多かったです。

近鉄奈良駅から5分程の大和西大寺駅で乗り換えて、次に大和八木駅で乗り換え長谷寺駅に到着します。近鉄奈良駅から長谷寺駅まで1時間30分ほどでした。

乗り換え駅の「大和西大寺」という駅名は読み方に迷います。テレビCMの効果でダイワハウスさんを思い出してしまい、ダイワなのかヤマトなのか、ニシダイジなのかセイダイジなのか、読めなくて悩みました。

そして、ダメ押しは乗換駅の案内板に記載されている「橿原線」、この漢字は、まったく読めません。歴史ある奈良を感じました。

ちょうど、もみじまつりでした。

長谷寺駅前

長谷寺駅前は、驚くほど静かでした。

数人の観光客以外の気配がなく、時が止まっているような静かさでした。

長谷寺への徒歩案内板をかかえた門をくぐります。

歓迎という門をくぐり、階段を降ります。

振り返った写真

住宅街のような細い道を抜けます。

長谷寺へ続く道

狭い歩道のない道をしばらく進みます。

長谷寺の駐車場から反対を写した写真です。紅葉が始まっています。

長谷寺駅から徒歩15分ほどで長谷寺に到着します。

長谷寺の門

総本山 長谷寺と書いてあります。

長谷寺は、全国に300くらいあります。鎌倉の長谷寺も有名です。ここが総本山ですので、すべての長谷寺の初まりです。

point-blur_20161205_081707
point-blur_20161205_081707

登廊

重要文化財の登廊(のぼりろう)です。
およそ200メートルの399の石段です。平安時代の長歴三年(1039)に春日大社の宮司が子の病気が治ったお礼に、わずか10日間で造りました。吊るされている丸い灯籠は、長谷式です。

登廊の途中の景色です、綺麗です。

手水舎(ちょうずや)

長谷寺の手水舎(ちょうずや)の龍です。龍の口から水が出ています。

龍神様は、人々が生きるのに必要な水の神様です。雲や雨を司るのです。

国宝 長谷寺の本堂

長谷寺の紅葉

長谷寺の本堂から見る紅葉です。

美しい景色でした。







フォローする