ハーレー購入で迷っているときは、試乗会とレンタルがおすすめ

更新日:

ハーレーダビッドソンの購入は、高い買い物なので、購入するかどうか迷いますし、購入を決断した後も、車種の選定で迷います。

これがまた楽しい悩みです。

 

ハーレーのエンジン音

 

「ドッドッドッ」という、低いエンジンの鼓動を耳にして振り向くと、間違いなくハーレーダビッドソンです。

 

晴れた日に、ハーレーに乗っている人を見ると、無性にツーリングしたくなります。

 

自宅にハーレーがあれば、いつでも、自由気ままにツーリングできるので、ストレス解消になり、毎日の元気の源になります。

 

一生懸命働いた後、土日にツーリングできれば最高です。

 

ハーレーの魅力は、エンジンの鼓動と図太いトルクです。アクセルを開ければ、ギアが何速に入っていても、力強く加速します。

 

アクセルを開けたときの、大型オートバイの加速は快感です。排気量が大きくなるにつれ、比例してトルクも大きくなるので、加速が力強くなります。

 

ハーレーの加速は、力強く、そして滑らかです。日本車と比較すると、スルスルーと伸びるように加速します。

 

ハーレーの購入で迷っている人におすすめなのが、購入前の試乗会とレンタルです。

 

 

ハーレーの試乗会なら教習所を選ぶこと

 

土日になると、必ずどこかで試乗会が行われています。かなり頻繁に開催されています。

 

試乗会と聞くと、初めて体験する人は、少し不安になり躊躇してしまいます。

 

混んでいるのではないか、順番待ちの行列で、ゆっくり落ち着いて走れないのではないか、ハーレー乗りらしい服装が必要ではないか、操作方法が国産車と違うのではないか、などと心配になってしまうのです。

 

ハーレー試乗会の中で、特におすすめなのが、教習所での試乗会です。試乗会の会場として、教習所の場所が書いてあります。

 

教習所が会場になっている試乗会のメリットは、走れる道路が広いのと、他の車や歩行者がいないので、周りに気を取られることなく、ハーレーに集中して乗れるところです。

 

一般道では、前を走る車やオートバイ、信号、交差点での歩行者などに、注意を向けなければならず、じっくりとハーレーを味わうことができません。

 

教習所内を走る試乗会なら、一般道と異なり、これらの周りを気にする必要がありません。

 

10分程度の短い時間ですが、数種類のハーレーを乗り比べできるので、いろいろな車種の乗り心地やエンジンの鼓動を直接体験できます。

 

 

試乗会の服装

 

ハーレー乗りは、黒い革のズボンとジャンバーが定番ですが、試乗会では普通の服装の人ばかりです。

 

長ズボンと長袖ならオーケーです。

 

半ズボンや半袖など、肌が露出した服装は避けましょう。

 

オートバイは、車と異なり、ちょっとしたバランスの偏りで、コケることがあります。肌が露出していると、大ケガになることがあります。

 

ヘルメットとグローブは、無料で貸してくれます。

 

私は、結果的に、ハーレーの購入は諦めたのですが(理由は別記事)、時々、レンタルなどで、大型オートバイに乗りたいので、ホームセンターで、8千円のヘルメットと、2千円の生地の薄いグローブを購入しました。

 

 

ハーレーをレンタル

 

試乗会で10分くらい乗るのと、レンタルで8時間乗るのでは、乗った後の感想が全く違います。

 

短い時間では、わからなかったことが、長時間の走行で、だんだんと見えてきます。

 

ハーレーを買ったら、当然、ロングツーリングに行きたくなります。

 

長い距離を走るとき、二時間くらい連続で乗ることによって、感じることがあります。

 

特に、事故防止のためにも、長時間の連続乗車による身体の疲れ具合を知ることは、とても大切です。

 

また、レンタルで実際にハーレーに乗ることによって、本当にハーレーが欲しいのか、自分にとってハーレーを買う価値があるのか、じっくり考える良い機会になります。

 

 

 

レンタル予約

 

2016年4月14日(木)レンタルするハーレーの車種を決めようと、スマホでネット上を探しましたが、そもそもハーレーに関する基礎知識が少なく、どれを選んで良いのか、全くわかりませんでした。

 

見た目で一番スタイルが良いのは、フォーティーエイトなので、これをレンタルで予約しようとしました。

 

電話予約したところ、フォーティーエイトは、レンタルの在庫がなくて、ローライダーならレンタル可能ということでした。

 

ローライダーって何だろうと思いながら、違いがよくわかりませんが、とりあえず予約しました。

 

いよいよ二日後にハーレーデビューです。楽しみですし、仕事も元気が出ます。

 

 

グローブは革が欲しい

 

ヘルメットとグローブは、大型二輪の教習所に通うときに買いました。でも、グローブはビニール製の安いものなので、やはりハーレーに乗るなら、革製のグローブが欲しいところです。

 

ハーレー乗るなら、見た目が大事です。

 

見た目が全てのハーレーですし、常に見られていることを意識するのがハーレーです。

 

しかし、初めてのレンタルなので、あまりお金をかけずに、ビニール手袋のまま走ることにしました。

-オートバイ
-, , , , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.