大型二輪で波状路を走る方法、アクセルでエンストに注意、教習3時限

ハーレー

大型二輪の教習で波状路を走るときのコツとテクニックの解説です。大型二輪は平地ならトルクがありますが波状路ではトルクがなくなります。アクセルを煽りながら半クラッチでクリアします。

朝一番の教習所は貸し切り状態

2014年10月11日
(これまでの教習実績9月27日、10月4日)

大型二輪教習の3時限目は朝一番の時間帯でガラガラでした。自動二輪コースは私一人の貸し切り状態でした。

教官から「今日は貸し切りなので自由に走れますから」と言われ、だいぶ気が楽になりました。

後半に波状路の教習があるとのことでしたが、たぶんデコボコ道です。30年前にトライアルのまねごとをしていた私としてはデコボコ道などまったく余裕のはずです。

教習前半は今までの復習でした。八の字走行、スラローム、一本橋、S字、クランクを3回ほど走りました。そして、いよいよ波状路です。

波状路でまさかのエンスト

波状路のイメージは、少し大きな金属製の長ハシゴが道端に置かれている感じです。

金属製の段差(高さ6cmくらい)が5か所ほどあるので、それを乗り越えます。ギアは1速(ローギヤ)です。オートバイのステップに立ちながら、腕と脚をクッションにして乗り越えます。

波状路のコツは速くても遅くてもダメで、5秒くらいで走りきるのが良いらしいです。半クラッチを使いエンジンをふかしながら走ります。

初めての波状路はアクセルを開けるタイミングがわからずにエンストしました。

恥ずかしいエンストです!

750ccの大型オートバイも波状路ではトルクが消えてしまいます。次からエンストしないようにエンジンをふかすことにしました。

昔、F1レースでアラン・プロストがピットインしたとき、エンジンが不調でエンストし順位を下げたことがありました。

プロストは次のピットインでタイヤ交換している間、エンスト防止のために初心者のようにエンジンをふかしていたのを思い出しました。

F1レーサーもエンストすることがあるのです。(今回とは関係ないですが)波状路ではアクセルを開けることにしました。

波状路のコツと攻略法

波状路は次のようにクリアーしました。

ギアは1速のローギアです。波状路に入る前からエンジンの回転数を落とさないよう気をつけます。昔の暴走族のようにブンブンとアクセルを煽るイメージです。

波状路手前でスタンディングします。中腰でステップに立ちます。波状路に入ったら、エンジン音を聞き回転数が下がったと感じたら、すぐにクラッチを切りアクセルを開けます。回転数を上げたまま半クラッチで後輪に動力を伝えます。

波状路に入ったら常にアクセルをふかして回転数を下げずに、高回転を保ったまま半クラッチで波状路の一段一段に動力を伝えて乗り越えます。段差を登るときに半クラッチで動力を伝える感じでアクセルは常にブンブンとふかします。

これで、わりと楽にクリアーできました。しかし最初に波状路でエンストしたときはカッコ悪いしショックでした。

大型二輪は平地ではトルクがありますが、波状路ではトルクが打ち消されてしまいます。







フォローする