新築で省エネ仕様のはずなのに、なぜかガス代が高くなった、原因不明

ドッグリゾートWoof
ドッグリゾートWoof

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ガス代の比較

古い家と新しい家の、ガス代の比較です。

9月請求分の比較(東京ガス)

平成25年9月 ⇒ 平成26年9月

使用量 13立米 ⇒ 18立米

支払金額 3,270円 ⇒ 3,693円

内訳

基本料金     724.5円 ⇒   745.2円

従量料金  2,189.33円 ⇒ 3,062.7円

割引額           0円 ⇒   △114円

マイツーホー     357円 ⇒       0円

ガス代については、新築時に床下暖房を初めて設置し、東京ガスとの契約は、「団らんプラン+エコ割」にしました。

割引額が114円となっていますので、少し得した感じです。

ガスの使用量が増えた理由が不明

しかし、不思議なことに、使用量が4割ほど増えました。

ガスを使用するのは、ガスコンロ、風呂、床下暖房ですが、夏なので床下暖房は使用していません。

ガスコンロも風呂も、使い方は古い家と同じです。

なぜ使用量が増えてしまったのか。

冬であれば床暖房が原因と理解できますが謎でした。

新しい家は省エネ仕様で、電気代も水道代も安くなったのに、なぜガスが増えたのか?







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする