F1観戦を安く楽しむ方法、テレビ放送とサーキットの違いや魅力

サーキットでF1を楽しむ

自動車レースの最高峰であるF1世界選手権は、日本では、三重県の鈴鹿サーキットで秋に開催されます。

日本中のF1ファンだけでなく、世界中からF1ファンが三重県の鈴鹿に集まります。

私も、2013年まで、鈴鹿サーキットでF1観戦しました。

しかし、2014年からは、F1のレギュレーション変更で、F1サウンドが楽しめなくなり、年に一度の楽しみだったF1観戦をやめてしまいました。

F1観戦は、東京から鈴鹿サーキットまで、チケット代を含む、2泊3日の旅行で、その代金は、およそ10万円でした。

かなり高い旅行代金ですが、金額以上にF1観戦の魅力がありました。

テレビ観戦も楽しいですが、実際に、サーキットで間近に見るF1マシンは別物でした。

信じられないスピードと甲高いF1サウンド、サーキットでは、空気を伝わる感動が得られました。

なにしろ、目の前をF1マシンが走ると、紙コップが空気の振動で震え、ビールが泡立ちました。鳥肌が立つほどの感動を味わえるのです。

ツアーと個人旅行

F1観戦のツアーは、たくさんあります。そして、自分で宿や交通手段を手配するよりも安いです。

金銭面だけ考えるなら、F1観戦ツアーに申し込むのが良いです。

ツアーのデメリットは、次の2点です。

団体行動なので、時間を守らないといけない。特にトイレは注意が必要。

一人で参加すると、座席の隣には、必ず、むさ苦しい太った男性が座る。鈴鹿サーキットまでの往復は、バスになります。

ツアーでない個人旅行のデメリットは、この反対です。

交通費や宿泊費が高い。

時間を気にせず、自由に行動できる。

私は、トイレが近く、団体行動が苦手なので、自分で宿を予約して、マイカーで東京から鈴鹿サーキットまで行きました。走行距離は、片道400キロで、走行時間は、休憩を除き片道6時間でした。

レース開催日の宿と交通渋滞

鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリの日程は、半年ほど前に確定します。

しかし、すぐに宿を予約しようと思っても、鈴鹿サーキット周辺は無理です。レース関係者が優先されています。

個人で予約できる宿は、鈴鹿サーキットから1時間30分くらい離れた、名古屋周辺か鳥羽市周辺です。

鈴鹿サーキット近くの宿を探すよりも、車や電車を使って、片道2時間までの宿を探すほうが簡単です。

レース開催日の交通渋滞は、決勝日のレース終了直後が大渋滞します。ツアーバスは優先して駐車場から出られますが、マイカーは出られないので、2時間ほど仮眠してから帰る方が良いです。

まとめ、迷ったときの選択

マイカーの運転が好きで、一人でF1観戦なら、ツアーでなく、個人旅行がおすすめです。

自由に、気兼ねなく、ゆったりと行動できます。周辺の観光や温泉なども楽しめます。

車の運転が苦手、あるいは二人以上でF1観戦なら、ツアーがおすすめです。団体行動ですが、家族や友人と一緒なら、おしゃべりを楽しめるので、時間の制約も気になりません。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする