F1を鈴鹿サーキットで安く楽しむ方法、テレビよりサーキット

鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリを安く楽しむ方法です。バスツアーと個人旅行とマイカーそれぞれの比較やメリットなどの解説です。

またレース開催日の宿泊場所を予約するのは鈴鹿サーキット近辺は困難です。世界中からF1ファンが集まりますので少し離れた宿を予約します。

鈴鹿サーキットでF1を楽しむ

自動車レースの最高峰であるF1世界選手権は、日本では三重県の鈴鹿サーキットで秋に開催されます。

日本中のF1ファンだけでなく世界中からF1ファンが三重県の鈴鹿に集まります。

私も2013年までは鈴鹿サーキットでF1観戦していました。

しかし2014年からF1のレギュレーション変更のためF1サウンドが楽しめなくなりました。年に一度の楽しみだったF1観戦をやめてしまいました。

F1観戦の費用は、東京から鈴鹿サーキットまでの交通費と2泊3日の宿泊代やチケット代で10万円前後でした。

かなり高い旅行代金ですが金額以上にF1観戦の魅力がありました。

テレビ観戦も楽しいですが、実際にサーキットで間近に見て感じるF1マシンは別物でした。

信じられないスピードと甲高いF1サウンド、サーキットでは空気を伝わる感動が得られました。

なにしろ目の前をF1マシンが走ると、紙コップが空気の振動で震えビールが泡立ちました。鳥肌が立つほどの感動を味わえるのです。

ツアーと個人旅行

F1観戦のツアーはたくさんあります。そして自分で宿や交通手段を手配するよりも安いです。

金銭面だけ考えるならF1観戦ツアーに申し込むのが良いです。

ツアーのデメリットは次の2点です。

団体行動なので、時間を守らないといけない。特にトイレは注意が必要。

一人で参加すると、座席の隣には、むさ苦しい太った男性が座る。鈴鹿サーキットまでの往復はバスです。名古屋駅から片道1時間30分かかります。

ツアーでない個人旅行のメリットとデメリットはこの反対です。

時間を気にせず自由に行動できる。

交通費や宿泊費が高い。

私は緊張するタイプでトイレが近く団体行動が苦手でした。自分で宿を予約してマイカーで東京から鈴鹿サーキットまで行きました。走行距離は片道400キロで、走行時間は休憩を除き片道6時間でした。

レース開催日の宿と交通渋滞

鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリの日程は半年ほど前に確定します。

しかしすぐに宿を予約しようと思っても鈴鹿サーキット周辺は無理です。レース関係者が優先されています。

個人で予約できる宿は、鈴鹿サーキットから1時間30分くらい離れた名古屋駅周辺か鳥羽市周辺です。

鈴鹿サーキット近くの宿を探すよりも、車や電車を使って片道2時間程度の宿を探すほうが簡単です。

レース開催日の交通渋滞は決勝日のレース終了直後が大渋滞します。ツアーバスは優先して駐車場から出られますがマイカーはすぐに出られません。2時間ほど駐車場で仮眠してから帰る方が楽です。

まとめ、迷ったときの選択

マイカーの運転が好きで一人でF1観戦するならツアーでなく個人旅行がおすすめです。

自由に気兼ねなくゆったりと行動できます。鈴鹿サーキット周辺の観光や温泉なども楽しめます。

車の運転が得意でない人、あるいは二人以上でF1観戦ならツアーがおすすめです。団体行動ですが、家族や友人と一緒ならおしゃべりを楽しめるので時間の制約も気になりません。







フォローする