知らないと損する!「F1チケット」の選び方、やはりサーキットが一番

スポンサーリンク
F1 マクラーレンMP4-30F1日本グランプリ
F1 マクラーレンMP4-30
F1日本グランプリ

F1日本グランプリのチケットを購入する方法、鈴鹿サーキットで楽しむ方法です。観戦エリアによってチケットの料金は様々です。テレビ観戦との違いも解説します。

 

スポンサーリンク

テレビ観戦との違い

 

世界最高峰の自動車レース「F1世界選手権」は、日本で毎年開催されてます。アイルトン・セナがドライブしていた1987年から1994年の頃は、日本も「F1ブーム」でした。日本グランプリはもちろんのこと、世界中のF1レース(年間16戦程度)が、テレビの地上波で、深夜に放送されてました。

 

テレビ放送は、1987年から2011年までは地上波放送のフジテレビ、2012年から2015年まではBSフジで放送されてまして。この後、2016年からは、有料のCS放送「フジテレビNEXT」のみでF1グランプリを放送してます。F1グランプリの番組は、スポンサーがつかなくなり、無料放送がなくなりました。

 

私は、2006年から2013年まで、鈴鹿サーキットで観戦していました。テレビ観戦も楽しいですが、やはりサーキットは、迫力が全然違います。エンジン音、エキゾーストサウンドは、言葉では表現できません。感動で身体の芯まで震えます。手に持つ生ビールが、振動で泡立ちます。サーキットの匂い、F1マシンの匂い、観客の歓声に酔いしれます。

 

スポンサーリンク

F1チケットの種類

 

F1日本グランプリのチケットは、観戦エリアによって9千円〜8万円です。ホームストレートが一番高いです。

 

F1エンジンのエキゾーストサウンドが規制された2013年以前は、決勝レースのスタート時は圧巻でした。サーキット全体が唸るほどのエンジン音でした。ホームストレートが最高の観戦場所でした。

 

しかし2020年現在は、昔のような迫力あるエキゾーストサウンドはありません。ホームストレートは、主に最高速を楽しむエリアです。

 

スポンサーリンク

F1チケットの購入方法

 

F1日本グランプリのチケット購入方法は、チケットのみ購入する方法と、ツアーとして購入する方法があります。マイカーで行くときは、レース観戦チケットと駐車場を一緒に購入しましょう。購入場所は次のとおりです。

 

【チケットのみ】

株式会社モビリティランド

MobilityStation

 

ローソンチケット
スポーツ→モーター

ローチケ-チケット情報・購入・予約は
ローチケは総合エンタテイメントチケットの販売サイト。コンサート、スポーツ、演劇、クラシック、イベント、レジャー、映画などのチケット販売・予約が可能です。先行情報やニュース、インタビュー、レポートなどチケットに関する情報も満載。

 

【ツアー】

マイカーを使わない人には、大手旅行会社のツアーがおすすめです。F1日本グランプリのチケットと、往復の交通費、ホテル代がセットになってます。団体行動になりますが、移動は楽です。

JTB

【JTB公式】国内・海外のスポーツ観戦ツアー・体験ツアーの情報が満載
国内・海外のスポーツ観戦ツアー・スポーツ参加ツアーはJTB!スポーツのプロ集団が皆さんをバックアップします!JTBのスポーツ情報サイト

 

HiS

HISスポーツイベントセクション
海外マラソン、欧州サッカー観戦ツアーなど海外スポーツに興味のある方の為のスポーツ旅行を提案致します。

 

スポンサーリンク

おすすめシート、楽しみ方

 

F1観戦の主な楽しみ方として、次の2つがあります。

F1マシンの最高スピードを楽しむ

F1マシンのコーナーを楽しむ

 

F1マシンの最高速を楽しむなら、ホームストレートの「V1、V2」席です。時速300キロを超えるF1マシンが見られます。ただし速すぎて写真は難しいです。

 

コーナリングを楽しむならS字の「D」席がおすすめです。加速しながらきれいなラインで駆け抜けるF1マシンのエキゾースト音も気持ち良いです。

 

この他に、座席のない自由席が西エリアにあります。スプーンカーブの「L、M」席では、F1ドライバーがカウンターをあててマシンをコントロールする場面が見られます。

 

サーキットでの楽しみ方です。自分の購入した指定席だけでなく、なるべく、いろいろな場所から観戦することです。決勝レースは1時間30分あります。週回数も52週です。いろいろな場所で観戦した方が楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました