鈴鹿サーキットでのF1観戦におすすめな温泉宿、赤目温泉山の湯山水園

F1マシン F1
F1マシン

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

F1観戦に必要な穴場の温泉宿山水園の情報です。F1観戦のときは、鈴鹿サーキット周辺の宿泊場所を見つけるのは困難です。車で東京から三重県の鈴鹿サーキットへ行くときの情報と穴場の宿泊場所である赤目温泉山の湯山水園の情報です。

東京から鈴鹿サーキットへ平均時速70キロ

 

2012年10月4日(木)
仕事を終えて、自宅に20:00に到着、F1観戦のため鈴鹿サーキットへ向かう準備です。

 

押し入れから大きな旅行用バッグを取り出して、着替え類、カメラ、スマホやパソコンを入れました。すると、なんと急に雨が降り出しました。かなりの大雨です。台風は過ぎ去ったので、今夜は晴れだと思っていました。まだマイカーのボディーカバーをかけたままです。大雨でびしょ濡れになってしまうので、車へ荷物を運ぶのは少し待ちました。

しかし、雨はどんどん強くなる気配でした。仕方なく、傘をさして車庫に向かい、車のボディーカバーを外しました。やはり、びしょ濡れになりました。荷物を車へ詰め込み、20:50自宅を出発。

 

ナビの目的地を、鈴鹿サーキットにセットしました。東京からの走行距離は395キロ、到着予想時刻2:38と表示されました。ナビによれば、東京から鈴鹿サーキットまでの所要時間は5時間50分、ほぼ6時間です。

 

つまり、都内から三重県にある鈴鹿サーキットまで、片道400キロで6時間かかるということです。高速道路を使うので、平均時速は70キロ相当の計算になります。

 

鈴鹿サーキットまでの走行記録

 

10月4日(木)

20:50  東京都内の自宅出発
環八は意外とスイスイでしたが、かなりの大雨でした。

 

21:12  環八から東名高速ICに入りました。

 

21:36  海老名SAでガソリンを満タンにして、トランクに積んでいるガソリン携行缶20リットルも満タンにしてもらいました。

 

ガソリン携行缶は、エアコンを長時間使うために購入しました。鈴鹿サーキットの駐車場で休憩するときに、エンジンをかけっぱなしにして、エアコンを使ったりテレビを見るためです。さらに、大渋滞や田舎道でガソリンスタンドがない場合も想定して、今年購入しました。

 

初めての街を走るときは、ガソリン携行缶をトランクに積んでいると、ガソリンスタンドを気にする必要がありません。精神的にだいぶ楽でした。

 

21:49  海老名SAを出発 走行距離41.4キロ

 

23:08  新東名高速 駿河湾沼津SA到着
走行距離118.8キロ

 

2012F1

2012F1

 

夜のサービスエリアは淋しいです。ひとりだと余計寂しく感じます。ほとんど人がいないし、店も閉まっています。どうやら、昼間はマグロの解体ショーがあるらしい、嬉しいような悲しいような・・

 

2012F1 マグロ解体ショー

2012F1 マグロ解体ショー

 

少しお腹が空いたので、半額の寿司490円を食べました。だいぶ時間が経っている乾いた寿司でした。しかし、駿河握りは美味しかったです。場所がら素材が良いのです。

 

2012_F1

少し乾いた寿司を食べた後、駿河湾沼津SAの駐車場で仮眠しました。

 

10月5日(金)

1:51  駿河湾沼津SA出発

 

4:01  刈谷PA到着 走行距離324.1キロ

 

小腹が空いたので、パーキングエリア内にあるコンビニで、カップうどんの「どん兵衛」を食べました。「どん兵衛」は安心できる美味しさでした。デブなのに最後までスープを飲みたくなってしまいます。

 

鈴鹿サーキットまで、残り80キロの距離です。しばらく仮眠することにしました。

2012_F1

 

7:03  刈谷PA 出発

 

7:53  鈴鹿IC出口の手前1.6キロから渋滞にはまりました。

 

8:20  鈴鹿IC 料金所

 

ナビでは、高速料金が3,750円と表示されました。料金所のETC表示では4,300円と表示され、少し動揺しました。普通は、ETCの方が安くなるはずなのに、どっちが正しいのだろう?

 

東京から鈴鹿ICまでの走行距離は382.3キロ

 

渋滞が激しくなりました。F1だけでなく、通勤ラッシュの時間に入っているのかも知れません。

 

9:17 鈴鹿サーキット P7駐車場に到着

 

F1フリー走行

 

フリー走行が10時からなので、サーキットに入り腹ごしらえです。やきそば600円と生ビール500円で合計1,100円

 

10:00-11:30 F1フリー走行

 

2012_F1

 

秋晴れでした。日差しが強く日焼け止め必須です。

 

初めての一眼レフカメラなので、いろいろな撮影方法にチャレンジしました。流し撮りがよくわかりません。

 

2012_F1

 

1回目のF1フリー走行が終わり、お昼に600円のたこ焼きと500円の生ビール、合計1,100円

 

12:20  P7駐車場に戻り、車の中でエンジンをかけたままエアコンつけて休憩。それでも、車内はかなり暑かったです。

 

13:45  F1フリー走行2回目が14:00からなのでサーキットへ向かいました。P7駐車場からサーキットまで、歩いて15分かかりました。

 

15:30  F1フリー走行2回目終了

 

16:20  鈴鹿サーキット P7駐車場出発。駐車場出口は混雑なし、宿のある赤目温泉へと向かいました。

 

16:43  鈴鹿市内は渋滞。

ナビを見ると、宿の湯元 赤目 山水園まで66.7キロ、到着予想20:11(おおっ、3時間半もかかるのか、遠いよー)

 

しかし、鈴鹿の市街地を抜けると、徐々に渋滞もなくなりました。途中からは高速のように100キロ近くのスピードで走れる国道(高速道路のような不思議な国道だった。)に入りました。

 

山奥の秘境に佇む温泉宿、山水園

 

18:28  宿に到着
赤目温泉 山の湯 、インターネットでは 湯元 赤目 山水園 と書いてありました。名前が長いです。間違いなく山の中の宿です。

湯元 赤目 山水園

湯元 赤目 山水園

 

ここまでの走行距離 467.4キロ

 

山水園では、食事のラストオーダーが20:00でした。温泉は23:00までということなので、温泉に入る前に食事をしました。

 

赤目定食 1,575円、生ビール2杯

 

山水園の食堂には、観光客らしい年配の女性が二人いるだけで、ガラガラに空いていました。山奥の秘境に佇む温泉宿、秘密の宿なのかもしれません。料理を注文すると、すぐに出てきて美味しかったです。自然に囲まれてビールもうまい。食事後に温泉に入りました。

 

赤目温泉 湯元 赤目 山水園

赤目温泉 湯元 赤目 山水園

 

山水園の温泉は広くなかったです。夜なので景色は見えませんでした。空いているのが良かったです。温泉独特の硫黄の匂いもしませんでした。無色無臭の温泉なのかもしれせん。湯の温度は、ちょうど良くて大の字に寝ながら入浴しました。

 

22:00  就寝

 

 

10月6日(土)

 

3:00  起床
なんか、変な時間に起きてしまいました。テレビをつけると、通信販売ばかり放送していました。眠れそうもないので、パソコンを起動させ、スマホをデザリング状態にして、ブログ用の記事(これです。)を作成しました。

 

山水園は、インターネットはなく、Wifiもないです。ノートPCを使うならデザリングが必須です。

 

温泉は6:00から入れます。まだ5:00なので待ち遠しいです。

コメント