「Dyson 360 Heurist」の「スケジュール予約」が失敗する単純な原因

スポンサーリンク
Dyson 360 Heuristインターネット回線
Dyson 360 Heurist

ダイソンのロボット掃除機「Dyson 360 Heurist」の解説です。ダイソンは「吸引力」が圧倒的で、ほんとに奇麗になります。しかし様々な機能も進化していて、設定にはインターネット回線を使います。仕組みがわからず「スケジュール予約」に失敗しました。

スポンサーリンク

「Dyson 360 Heurist」の圧倒的な性能

ダイソンのロボット掃除機「Dyson 360 Heurist」の解説です。2018年11 月10日に購入しました。ルンバが古くなったので買い替えました。

「Dyson 360 Heurist」は、すごい性能でビックリしました。ほんとに微細なホコリまで吸い取ってくれます。掃除のレベルが違います。あまりに凄いので普通の掃除機もダイソンへ買い替えました。やはりダイソンは「吸引力」が圧倒的です。

ところが予約掃除が機能しません。失敗の連続です。スマホの「Dyson Link アプリ」から「スケジュール予約」したのですが、1週間連続で失敗しました。普通に掃除はできるので困ることは全くないです。でも、やはり「寝ている間に掃除したい」のです。朝起きたら奇麗になってる方が気持ち良いです。

スポンサーリンク

「予約スケジュール」が失敗する

買い替え前の「古いルンバ」は、毎日、朝5時に設定して掃除してました。予約時刻を掃除機本体へ手動で設定してました。本体のボタンを押して曜日ごとに時刻を設定する方法でした。

「Dyson 360 Heurist」の予約掃除はWifi接続で設定します。スマホの「Dyson Link アプリ」から「予約スケジュール」を設定します。予約データがダイソンの会社にあるサーバーへ送られ、予約時刻になると、ダイソンのサーバーからロボット掃除機「Dyson 360 Heurist」へ指令が送られるらしいです。「Dyson 360 Heurist」本体だけでは「予約スケジュール」は設定できません。スマホとWifi接続環境が必須です。

「Dyson 360 Heurist」の初期設定は簡単です。自宅のWifi接続用のパスワードさえ準備しておけば5分もかかりません。接続が完了するとスマホから遠隔操作できるようになります。

初期設定を終えた後、すぐに「スケジュール予約」しました。明け方の「4時30分」に設定しました。予約掃除を楽しみにして寝ました。

翌日、6時に起きるとスマホに通知が届いてました。「予約されたお掃除を開始できませんでした。」というメッセージです。予約時刻を3分ほど過ぎたところで通知されてました。

「Dyson 360 Heurist」予約エラー
「Dyson 360 Heurist」予約エラー

朝は出勤前で忙しいので、仕事を終えてから再度設定を見直すことにしました。

スポンサーリンク

「スケジュール予約」の実験は成功

家に帰って20時頃に「スケジュール予約」の実験をしました。10分後の時刻に設定し、自動で掃除が始まれば問題ないはずです。すると10分後に掃除を開始しました。「スケジュール予約」は機能してます。

「スケジュール予約」を明け方4時30分に再設定して寝ました。翌朝起きると、またスマホへエラーメッセージ「掃除を開始できませんでした。」が届きました。

「Dyson 360 Heurist」はWifi接続は問題ありません。自宅ではスマホから操作できます。原因不明です。こうなるとお手上げです。

そこで「ダイソンお客様相談室」へ電話しました。担当者からの説明では、「スケジュール予約」をテストして動作したなら、ネットワーク接続は問題ないので動くはずとのことでした。もしかしたらWifiの電波が弱いのかも知れないとのことでした。

スポンサーリンク

「Dyson 360 Heurist」は暗闇が苦手

念のため Wifi ルーターを再起動して、また「Dyson 360 Heurist」本体も再設定しようと思いマニュアルを見ていました。

すると「暗闇では動かない」という表記がありました。「Dyson 360 Heurist」は、周りをカメラで見ながら動くので暗闇では動かないらしいのです。

早速、照明のリモコンで明け方4時30分に明るくなるように設定しました。「スケジュール予約」は4時35分に設定しました。すると無事に翌朝掃除を完了してました。感激でした。エラーの原因は暗すぎることでした。

毎日、朝起きると掃除が終わっています。気持ち良いです。

コメント