F1サウンドの消失から大型二輪の教習を開始、レンタルバイクよりお得

ハーレー
ハーレー

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

大型二輪免許の教習所に通い始めた原因です。F1のエンジン音が変わり、鈴鹿サーキットでの楽しみがなくなりました。刺激を求めレンタルで中型バイクを借りようとしました。意外にレンタル料金が高いので、大型二輪免許の教習所に通うことにしました。

F1サウンドの消失と共に魅力がなくなる

世界最高峰の自動車レースであるF1は、テレビでは体感できない感動を鈴鹿サーキットで味わうことができました。実際に鈴鹿サーキットへ行くと、音と空気の振動や匂いなどが混ざり合い官能的な世界を感じることができます。世界中からF1ファンが鈴鹿サーキットへ集まります。生のサーキットの雰囲気は、テレビで体感できません。

F1の魅力は、世界最高のスピードと高回転のエンジンから生み出されるエキゾースト音でした。エンジンの回転数に比例する低音から高音は、空気の振動を伝わり、身体の芯を揺さぶるようでした。異次元の音は、F1サウンドと呼ばれていました。

ところが、2014年からF1サウンドが消失しました。心を揺さぶるサウンドが、壊れた掃除機の音みたいになってしまいました。ベッテルが言った「壊れた掃除機」は誰もが上手い例えと思いました。私は、毎年楽しみにしていた鈴鹿サーキットでのF1観戦をやめました。

年に一度のF1観戦をやめた後も、サーキットの思い出が懐かしくてたまりません。身体中に響き渡るエンジン音・エキゾースト音、オイルやタイヤの臭い、世界中の人たちが集まる空間でした。

最高峰のレースF1の魅力は、他のレースと比較できません。日常ではあり得ない高回転域のエンジン音でした。綺麗に澄みわたる高音でした。そのエンジン音が消失したのです。それはもう、つまらなくなってしまったのです。

わざわざ、東京から三重県の鈴鹿サーキットまで旅行して、チケット代を含めて十万円もかける価値がなくなってしまったのてす。

年一回の唯一の楽しみだったF1観戦を2014年から失いました。他に何か楽しめることがないか、ずっと考えていました。

レンタルオートバイの料金が意外に高い

9月に入り、気持ち良い天気になりました。何か楽しめることがないかと考えていたときです。(そうだ、オートバイの中型免許を持っているじゃないか)と思い出しました。晴れた日に風を感じながらバイクで走るのは爽快です。早速、中型バイクのレンタルをネットで探しました。

私の持っている自動二輪の免許は中型です。400ccクラスのバイクまで乗れます。いくつかの店が見つかり、レンタル料金を比較すると、24時間で12,000円ほどです。意外とバイクのレンタル料金が高いので驚きました。車のレンタカーなら、1日あたり5千円くらいの安いものがあります。レンタカーよりバイクの方が安いと思っていたので、およそ5千円くらいとイメージしていました。

24時間で12,000円というバイクのレンタル料金は、やはり高いと感じました。

レンタルより大型自動二輪の教習所の方がおすすめ

いくつかのレンタル店を比較すると、どれも同じくらいのレンタル料金でした。どれにしようか迷っていると、ふと、良いアイデアが浮かびました。

これからバイクを趣味にするのなら、おそらく月に2回以上レンタルすることになります。毎月2万円なら年間24万円です。それなら、一回1万円以上するレンタルバイクにお金を使うより、いっそのこと、大型自動二輪の教習所に通ってしまうのです。そうすれば、教習所内を安全に走れます。しかも大型バイクに乗れます。

レンタルバイクでお金を使うよりも、大型自動二輪の免許を取ってしまった方が得だと思いました。役立つ場面はないかもしれませんが、一生の資格になります。今まで、750ccのバイクに乗ったことがありません。大型バイクをアクセル全開にした加速感を味わいたくなりました。