中型二輪レンタルより大型二輪の教習所がおすすめ、F1サウンドの魅力

F1サウンドの消失と共に魅力がなくなる

世界最高峰の自動車レースであるF1は、実際にサーキットへ行くと、空気、音、振動、匂いなどが混じり合った官能的な世界を感じることができます。世界中からF1ファンがサーキットへ集まります。この感動的なサーキットの雰囲気は、テレビでは体感できません。

F1の魅力は、世界最高のスピードと、そのスピードを生み出す高回転のエンジン、エキゾースト音でした。エンジンの回転数によって生み出される低音から高音までの音は、まるでオーケストラのようでした。F1サウンドと呼ばれていました。

ところが、2014年から、F1サウンドが、壊れた掃除機みたいになってしまい、毎年楽しみにしていた鈴鹿サーキットでのF1観戦をやめました。

年に一度のF1観戦をやめた後も、サーキットの思い出が懐かしくてたまりません。

官能的で身体中を震わせるエンジン音、オイルやタイヤの臭い、世界中の人たちが集まった空間です。

特に最高峰のレースとしての、F1の魅力は、他のレースと比較できないほどの、圧倒的なエンジン音とエキゾースト音だったはずです。

そのエンジン音が消失したのです、それはもう、つまらなくなってしまったのです。

わざわざ、東京から三重県の鈴鹿サーキットまで旅をして、チケット代と宿泊代で十万円もかける価値がなくなってしまったのてす。

年一回の唯一の楽しみだったF1観戦を失い、他に何か楽しめることがないか、ずっと考えていました。

レンタルオートバイの料金が意外に高い

9月に入り、気持ち良い天気になって、(そうだ、オートバイの中型免許を持っているじゃないか)と思い出しました。晴れた日に風を感じながら走るのは爽快です。

早速、都内でレンタル可能なオートバイを、ネットで調べました。

私の持っている免許は中型なので、400ccクラスのオートバイまで乗れます。

いくつかの店が見つかり、レンタル料金を比較すると24時間で12,000円ほどです。

意外とレンタル料金が高いので驚きました。車のレンタカーの方は、街中の看板などで1日あたり5千円くらいと安いものを見かけます。レンタカーよりは安いはずと思っていたので、およそ5千円くらいかなとイメージしていました。

わりとオートバイのレンタル料金は高いと感じました。

レンタルより大型二輪の教習所の方がおすすめ

いくつかのレンタル店を比較すると、どれも同じくらいのレンタル料金でした。どれにしようか迷っていると、ふと、良いアイデアが浮かびました。

一回1万円以上するレンタルオートバイにお金を使うより、いっそのこと、大型二輪の教習所に通ってしまうのです。

そうすれば、教習所内を安全に走れます。しかも大型オートバイで走れます。

大型二輪の免許を取ってしまった方が、一生の資格にもなるし、得ではないだろうかと考えたのです。

今まで、750ccのオートバイに乗ったことありませんし、アクセル全開の加速感を味わいたくなりました。







フォローする