賃貸か購入か迷ったときには

結婚や出産などで、住む家を探すとき、賃貸にするか購入にするか迷うことがあります。

どちらにするか決断する時のポイントを経験談として紹介します。

購入の前提条件として、都内一戸建て住宅、五千万くらいとします。(購入金額により比例して考えてください。)

自己資金をいくら用意できるか。

親や親族から出してもらえるお金と自分の貯金の合計です。

これが一千万円用意できるなら、購入しましょう。

前提条件が五千万ですから、二千五百万なら、自己資金は、五百万円てす。

この自己資金を準備する時に、プライドもあって、親には資金援助を頼みたくない、親に迷惑かけたくないと思うこともあるかと思います。

その考え方は正しいですし大切ですが、長い目で考えると、自分の家族のためというより、親や兄弟を含めた一族全体の資産を取得するチャンスを逃してしまうわけですから、親や親族に頼むときは、自分の家族のためと考えずに、「みんなのために頭を下げて」お願いすると考えましょう。

ただし、この考え方は、とても視野の広い悟りの境地に近い考え方ですから、もし口に出して話してしまうと、他人には理解してもらえず、逆に、「なんて自分勝手なヤツだ」と思われてしまいますから、けして言葉にしてはいけません。奥さんにも言わないで自分の心の中で噛みしめてください。

給料などの収入がいくら見込めるか。

共働きなら、家を購入しましょう。

ローンを最長35年で組めば、最初は苦しいですが、最終的に余裕で買えます。

子供が大学を卒業して働くようになれば、直ぐにローンはなくなります。

専業主婦でも、子供の手がかからなくなったら、バイトをしようと思えるなら、家を購入しましょう。

ローンが返済できるか心配する必要はありません。家を購入するためのローンは、借金と考えない方が良いです。

家を購入するためのローンは、借金ではなくて貯蓄と同じです。

ローン返済額は、月額やボーナス月などの試算が簡単に出来ます。

Googleで、「銀行 ローン 試算」で検索すれば大手銀行のローン試算サイトが多数あります。便利ですね。

月額返済額と月収を考えて、生活可能なら、購入した方が良いです。

もしも、ローン返済が不可能になれば、その時点で家を売却してローンを完済し、賃貸に切り替えれば良いのです。購入の場合は、返済できるかどうかを悩む必要はないのです。

これらの計画が困難な場合のみ賃貸としましょう。

賃貸住宅は、引越しが自由に出来ること、好きな街に住めるなどのメリットがありますが、金銭面ではメリットは全くありません。

家賃は捨てているのと同じなので、資産形成にもなりません。

転勤が多くて同じ場所に長く住めない人は賃貸となりますが、まず、優先的に考えることは、購入できるかどうかを考えて、どう考えても無理という結論に達したなら賃貸にするという順序で計画しましょう。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告