Windows8がイラつく理由、いらないときに出現するスタート画面

興福寺の北円堂
興福寺の北円堂

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

いらないときに出現するスタート画面

最新式のタブレット型PCなどで、タッチパネルが装備されているパソコンなら、Windows8の機能を十分に堪能できます。

しかし、タッチパネルのないノートパソコンでは、はっきり言って、Windows8のスタート画面は迷惑!

従来のノートパソコンは、タッチパネルがないので、スタート画面からデスクトップを選択し、マウスで利用することになります。

ところが、マウスを画面の端などに持っていくと、何かの拍子に、いきなりスタート画面が表示されてしまい、作業中のウィンドが見えなくなり、本当にイラつきます。

私は、従来のスタートボタンが必須なため、Classic Shellや秀丸スタートメニューをインストールしましたが、それでも不意にスタート画面が出現し、ほんとに邪魔でイラつきます。

なんで、いらないのにタッチパネル用のスタート画面が出現するのでしょう。

ノートパソコンにはデュアルブートでWindows7も入れてあり、
そちらを使えば良いのですが、やはり、Windows8は、動作が軽快でWindows7よりも速いです。

Windows8に必須のClassic Shell

Windows8は、漢字の変換処理も速いし、動作全体が軽いので、ストレスがないです。いきなりスタート画面さえ現れなければ・・

こんなにイラついたWindows8も、Classic Shellの設定で解決できます。

Classic Shell のスタートボタンを右クリックして設定を選ぶ。

Classic Start Menu

設定 → Windows8 Settings → Disable active corners

ここの All にチェックを入れる。

Windows8

Windows8

これでWindows8特有のイラつきが消えました。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする