スマホのUSB接続コネクタを守る方法、消耗を防ぐためにWifi接続

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スマホのUSBコネクタの消耗を防ぐ方法の解説です。スマホとPC間で写真やデータを転送するときに、USBケーブルをスマホに挿していると、コネクタ部が消耗して壊れてしまうことがあります。USBケーブルを使わず無線Wifi機能を利用する方法です。

USB接続はコネクタの消耗が心配

スマホとパソコンの間で、写真やデータのコピーなどを行うときはUSBケーブルで接続します。しかし、毎回USBケーブルをスマホとPCに指すのは面倒ですし、コネクタ部分の消耗が心配です。初代Xperiaは、PCと接続しているときに、愛犬がUSBケーブルを足に引っ掛けてしまい、空中を飛びました。一瞬でスマホの接続コネクタ部が破損し、修理代が5千円必要でした。

そこで、新しいスマホのXperia acroでは、USBケーブルを使わずにWifi接続でデータ転送を行うことを考えました。

スマホとPCをWifi接続

スマホとPCを接続するときに、USBケーブルを使用した接続でなく、Wifiを使用して無線で接続します。

スマホ側にwifiのFTPサーバーアプリをインストールし、PC側でFTPクライアントを入れます。PCにもwifi機能があることが前提です。

Playストア(旧アンドロイドマーケット)から、FTPアプリのSwiFTPをスマホへインストールしました。そして、パソコンの方ではFTPクライアントソフトのFFFTPを入れて接続しました。すると、接続は問題なく、PC側でXperiaのSDカード内のファイル名がリスト表示されます。

SwiFTPのエラー

ところが、ファイルをPC側へコピーするために、PC側のFTPクライアントでダウンロードしようとすると、次のエラーが表示されます。

エラー

550 Invalid name or chroot violation

英語なので意味がよくわかりません。スマホ側のSwiFTPが原因なのか、PC側のFFFTPが原因なのか、よくわかりません。仕方なく、ネットで調べると、英語のサイトに解決策が掲載されていました。

スマートフォン側のSwiFTPの設定画面で、フォルダの設定欄を次のように設定します。

/mnt/sdcard

これでエラーが解決出来ました。

SwiFTP

SwiFTP

どうやら初期設定画面で例示されている /sdcard はエラーになるようです。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする