芝生を自分で張る、庭の水はけ対策と癒される緑の庭を作る

更新日:

 

自分で外構工事

 

我が家の小さな庭は、3m×10mと細長く、南側に隣家があるため、冬の間は陽当りが良くありません。

 

2013(平成25)年11月に新居が完成したのですが、外溝工事を行うときに、庭の工事まで依頼しようか迷いました。

 

庭の計画についてイメージが固まらず、工事費を安くしたいということも重なり、結局、少しだけ木を植えてもらい、後は自分で庭を作ることにしました。

 

新居は、とても住みやすいのですが、12月になると庭がじめじめしてきて、愛犬と遊ぼうとすると、泥だらけになってしまい、玄関まで泥を引きずり、かなり悲惨な状態になってしまいました。

 

そこで、いろいろと考えて、やはり芝生を張ろうということになりました。

 

しかし、我が家の庭は、水はけが良くなくて、さらに大きな石やガラがありそうなので、芝生を張る前に土を改良することにしました。

 

 

土壌改良で水はけを良くする

 

庭がじめじめしています。水はけに問題ありです。

歩くと、グチャグチャになってしまいます。チョコレートが溶けかけたようです。

 

 

水はけの良くなる土壌改良の方法について、いろいろ調べたところ、砂と鹿沼土を混ぜると水はけが良くなるとのことでした。

 

早速、近くのホームセンターで、川砂10袋と鹿沼土20袋を購入し、(実際にはマイカーで3回に分けて運びました。トランクが汚れてしまいました。)日曜日に少しずつ、スコップで掘り返しながら土と混ぜました。

 

およそ1カ月ほどで水はけが大分良くなりました。

 

 

 

川砂と鹿沼土を混ぜるときに出たガラは、まとめてガラ袋に入れ、庭に大きな穴を掘り埋めることにしました。

 

ガラ袋は、水を浸透させるので排水効果があり、水はけが良くなります。

 

愛犬も一緒に掘ってくれました。(ジャマしているわけではありません。愛犬の下にガラが埋めてあります。)

 

 

 

芝生と芝の目土を買う

 

3月になったので、園芸専門店で、芝生20枚、芝の目土20袋(マイカーで4回ほど運びました、車が土だらけになりました。)を購入し、家族3人で芝生を張りました。

 

 

 

芝生は、ちょうどセールをしていて芝生は15%引き、芝の目土は5%引きでした。

 

芝生 1束(1㎡) 582円×20束=11、640円

 

芝床と芝目の両方に使える土

 

芝の目土 1袋 551円×16袋=8,816円

 

 

芝生を張り終えた庭

 

ほぼ半日で張り終えましたが、翌日は筋肉痛でした。

 

-ガーデニング
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.