ひかり電話ルータ(PR-S300NE)が不調、ついにエラー発生で交換

スポンサーリンク
ひかり電話ルータ(PR-S300NE)インターネット回線
ひかり電話ルータ(PR-S300NE)

我が家の光回線が不調になりました。突然インターネットに接続できなくなるのです。ひかり電話ルータ(PR-S300NE)を再起動すると直るのですが原因が不明です。最悪、オンラインで作成している記事が途中で消失します。すぐに交換してもらいました。

スポンサーリンク

突然のインターネット接続エラー

2021年2月に入ってから、自宅のネットワークがWIFI接続エラーで時々止まるようになりました。WIFI接続しているノートパソコンやスマホがインターネットに接続できなくなるのです。スマホのWIFIマークの扇形は✕マークが表示され、ノートパソコンのタスクバーにあるWIFIマークは扇形が地球儀に変わってしまいます。こうなると、ひかり電話ルータ(PR-S300NE)を再起動しないとインターネットに接続できません。

先月(2021年1月)も同じ接続エラーが一度あったのですが、今月に入ってからは毎週接続エラーが発生しています。昨日と今日も二日連続でエラーになりました。エラーが発生するタイミングはまちまちです。なんの予兆もなく突然接続エラーが発生します。ブログの記事を書いているときなどは、オンライン保存ができずに記事が消失してしまいます。私はブログで収益を得ているので、記事が消失するのはかなり深刻です。

エラーの状況・・タスクバーに地球儀で表示されるとインターネット接続できません。

WIFI接続エラー
WIFI接続エラー

この一週間ほどで接続エラーの頻度が多くなりました。症状が悪化している感じがします。ひかり電話ルータ(PR-S300NE)の電源を切る(一度コンセントを抜く)と直ることを考えると、使っているうちに何かのゴミが溜まってしまうのかもしれません。経年劣化による不具合の可能性が高いです。我が家のひかり電話ルータ(PR-S300NE)は、かなり古いルータです。初めてNTT東日本のフレッツ光を導入した当時のルータです。

フレッツ光を導入した当初の契約内容

開通日 2013年 11月 30日

Yahoo! BB 光 with フレッツ(ホーム)〔IPv6 IPoE+IPv4〕

2013年から使っているルータなので、すでに7年経過しています。やはり古いです。原因不明の接続エラーが頻繁に発生する状況は、すぐに解決したいです。早速「ひかり電話ルータ(PR-S300NE)」の交換を行ってもらうことにしました。

スポンサーリンク

今まで7年間の「光回線の経緯」

我が家は、2013年11月30日に初めて光回線を導入しました。それ以前はYahooBBのADSL回線です。YahooBBのADSLは料金が安くインターネットもストレスなく使えていました。しかし家を新築したときに、屋根に太陽光パネルを敷き詰めたのでテレビアンテナが設置できなくなりました。そこでフレッツテレビを利用するために光回線へ切り替えました。光回線は、その後ソフトバンク光、楽天ひかりへと変更しています。いずれも料金(下記の月額料金は当時の金額です。)を安くするための変更でした。回線速度は関係ありません。

2013年11月30日 Yahoo! BB 光 with フレッツ フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ 月額 6,460円(税抜)

2016年4月2日 SoftBank 光 月額 5,200円(税抜)

2019年12月17日 楽天ひかり ファミリープラン 月額 4,800円(税抜)

ひかり電話ルータ(PR-S300NE)のレンタル料金は、特に記載がなく、ひかり電話(月額 1,500円(税抜))の中に含まれていました。

スポンサーリンク

「ひかり電話ルータ PR-S300NE」の交換依頼

インターネット接続が不意に切れてしまう状況では、安心して使えません。一刻も早くルータを交換したくなります。

すぐにNTT東日本フレッツ光の問い合わせ窓口へ電話しました。すると楽天ひかりの場合は、ルータ交換はNTT東日本ではなく、楽天ひかりへ電話して欲しいとの回答でした。NTT東日本で直接担当するのは、ひかり電話とフレッツテレビだけとのことです。インターネットに関することは、すべて楽天ひかりへお願いしますと言われました。

(でも、そもそもルータはひかり電話の中でレンタルしてるのですがね。)

仕方なく楽天ひかりの問い合わせ窓口を探し電話しました。原因不明の接続エラーが発生するので、新しいルータへ交換して欲しいと伝えました。くわしい症状も伝えました。

すると楽天ひかりの担当者から、それでは再度エラーの状況などを確認するためにNTT東日本の担当者から電話が入るから、現在の状況をNTT東日本へ伝えて欲しいと言われました。

(おいおい、いったいどっちなんだ?)と思いつつも、私としては一刻も早くルータを交換したいので文句を言わずに我慢しました。

すると3時間ほど後に、NTT東日本から電話が入りました。接続エラーの状況と、いつエラーが発生するかわからず不安なので、新しいルータへ交換したい旨を伝えると、すぐに交換するとの返答で安心しました。

スポンサーリンク

新しい「ひかり電話ルータ」への交換手順

楽天ひかりへ電話でルータ交換の依頼をしてから、ちょうど2日後(2021年2月11日)に新しいルータが到着しました。古いルータと新しいルータは次のとおりです。

古いひかり電話ルータ PR-S300NE 発売日 2016年10月

新しいひかり電話ルータ PR-600KI 発売日 2019年7月

ひかり電話ルータの交換手順は次のとおりです。交換中だけインターネット接続は停止になります。30分ほどで交換できます。

1.プロバイダーへの接続IDとパスワードを準備する。また接続しているルータを確認します。通常はひかり電話ルータで接続用のIDとパスワードを入力しますが、別の無線ルータで設定していることもあります。

2.古いひかり電話ルータの配線状況をスマホ写真で撮影しておく。角度を変えて何枚か撮影します。配線状況を確認したら、電源コンセントを抜き、配線をすべて抜きます。新しいルータを同じように設置し配線します。(古いルータの初期化は、新しいルータの接続確認ができてからです。もし新しいルータで接続できないときに復旧するために、この段階では初期化しません。)配線が完了したら最後に電源を入れます。

3.新しいルータの背面にあるポートへ有線LAN接続し、「http://ntt.setup」でログインして接続用IDとパスワードを入力し、インターネットへ接続できることを確認します。接続が確認できたら、以前の状態になっているはずです。インターネット接続が問題ないことを複数の端末(パソコンやスマホなど)で確認しておくと良いです。問題なければ最後に古いルータを初期化します。

4.古いひかり電話ルータを初期化する。初期化方法は次のとおりです。(NTTのマニュアルから抜粋)

電源アダプタ(電源プラグ)を電源コンセントから抜く

10秒以上たってから、本商品背面の初期化スイッチを押しながら、電源アダプタ(電源プラグ)を差し込む。

初期化スイッチは、初期化状態ランプが橙点灯するまで押し続ける。

起動後、初期状態ランプが橙点灯したら、初期化は完了です。

5.古いルータを返送する。

新しいルータの中に同梱されている返送用紙袋封筒(着払い)を使用して、コンビニへ持ち込むだけです。費用負担はありません。

スポンサーリンク

新しい「ひかり電話ルータ PR-600KI 」へ交換後の状況

新しいひかり電話ルータ PR-600KI へ交換した後は、接続エラーは皆無になりました。やはりインターネット接続エラーの原因は、古いひかり電話ルータ PR-S300NE でした。接続エラーの原因が不明なので少しスッキリしていない部分もありますが、インターネット接続に問題はなくなりました。

インターネット接続の回線速度は、変化ありませんでした。もしかしたら新しいルータへ交換することで回線速度が速くなるかもしれないと期待したのですが、回線速度は同じでした。有線接続も無線接続も以前とほぼ同じ回線速度でした。それでも接続エラーがなくなったので交換して正解でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました