株取引で必ず負ける理由、リーマンショックまで引き起こす原因

ドッグリゾートWoof
ドッグリゾートWoof

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

株取引で大損した理由などの体験談です。初心者が20万円の元手で始めた株取引ですが、リーマンショックまで起こり、総額50万円ほど負けました。株取引は賭け事と似ていて運に左右されます。実際の「株取引」敗因についての考察です。

給料が上がらず赤字続き

私の若い頃は貧乏でした。30歳くらいまでは、給料も上がりませんでした。それほど遊んでいる感覚もないのに、毎月の収支は微妙に赤字続きでした。毎月2~3万円ほど赤字になっていました。年二回のボーナスは、毎月累積した赤字の補填で消えました。

どれほど真面目に働いても、貯蓄もできず、「資産形成」などは、夢のまた夢です。

格差社会を疑問に思ってしまいます。どうして、裕福な人達には自然とお金が集まり、莫大な資産が作れるのでしょう?庶民は、コツコツ働いても貯蓄できず、ギリギリの生活のままなのでしょう?

先日、テレビニュースで、ある電話会社の役員は、年収が100億円と報道されていました。これを異常だと感じない社員たちもすごいですし、そんな常識を逸脱した会社の電話を使い続ける国民も、なんだかなーと思いました。

人の上に立つ真の経営者は、「社会の中で何が正しいのか」という、公正さを認識できる人でなければなりません。自分に都合の良いことしか考えられない人が、人の上に立つ経営者になると、卑しい考えがはびこり、社会が歪みます。

一発逆転の人生

公平でない現実社会の中で、もやもやした不満を抱えつつ生活していると、映画やドラマのような「一発逆転ホームラン人生」に挑戦したくなります。

宝くじで、1等前後賞7億円が当たれば人生逆転です。しかし、これは運に左右され、自分の努力だけでは実現しません。

自分で真面目に努力することで、給与以外でコツコツとお金を稼ぎたい、その方法を模索しました。

思いついたのは「株取引」です。株価が右肩上がりで成長を続けた1970年から1989年は、株で儲けた人がたくさんいました。

早速、インターネットや家の近くの図書館で「株取引」について調べました。

「株取引」は、元手として20万円以上の現金が必要です。投資する会社の情報を丁寧に調べ、業績が伸びそうな会社を選びます。自分なりに納得した会社へ投資すれば、大損する確率は少ないとのことでした。そこそこ儲かるということがわかりました。さらに、「株取引」を行っていると、社会情勢に目が向き、自分自身の勉強になるということです。

良いこと尽くめなので、早速、「株取引」に挑戦しました。

証券会社への申し込み

「株取引」は、パソコンとスマホを使用してネット上で行います。楽天証券、SBI証券、マネックス証券など、口座開設無料の会社の申込書を取り寄せました。

申込書を書き、身分証明書(免許証)のコピーと一緒に郵送します。およそ2〜3週間でIDとパスワードが届き、「株取引」を開始できました。

初心者の株取引

最初に「軍資金の壁」が大きくたちはだかりました。

生活にゆとりがあって、遊び金として100万円以上用意できるなら、じっくりと株に関する情報を集めることができます。しかし、20万円程度では安い株しか購入できません。投資先が少なくて限定されてしまいます。

それでも、なんとか購入しました。そして、少し株価が上昇したところで売り、1日で500円ほど儲けることができました。

人生初の「株取引」で利益がでたので、(もしかして、俺って、天才トレーダーかも)と思い、嬉しかったです。

真っ赤なフェラーリが見える

1日で500円の利益でも、月に換算すれば1万円以上になります。その利益を元手に加えれば、1年目で12万円、2年目で24万円の利益です。つまり利益が継続できれば、2年周期で倍に増加します。

20万円→ 40万円→ 80万円→ 160万円→ 320万円→ 640万円→ 1280万円

元手20万円が、12年後には1280万円になるわけです。明るい未来が見えてきました。真っ赤なフェラーリに乗る姿を想像しました。

日本の天才トレーダー

真実かどうか不明ですが、ネット上には天才トレーダーや伝説トレーダーの噂が多数あります。

元手160万円を8年目に200億円へ

よほど運の良い人だと思いますが、やはり、元手は160万円です。「株取引」で大きな利益を期待するには、元手もそれなりに必要になるということです。

なんと、リーマンショックを引き起こす

人生は思い通りになりません。最初に元手とした20万円は、1ヶ月後にはなくなりました。

主に1日で売買して利益を確定させるデイトレードを繰り返しました。最初の1週間は3勝2敗くらいでした。勝っては負け、負けては勝つという小康状態です。利益を大きくしようと時間の経過を待つと、逆に損してしまうのです。下落が大きくなると不安になって売ってしまうのです。

株を購入した直後は、必ず利益の出るチャンスがありました。ただ利益が200円程度と少額なので、もっと利益が出るはずだと欲がでて、数分待つ間に利益が消滅し、逆に損失が膨らむというパターンです。売るタイミングを間違えてしまうのです。タイミングさえ間違えなければ、必ず利益が出せることは確認できました。

そこで元手をさらに20万円追加しました。しかし、その後は不思議な状況に陥りました。私が株を買った瞬間から株価が下がり始めるのです。長期間、堅実に上昇していた会社の株価も、私が買った瞬間から下がり始めました。

まるで、私が日本中の株価を操作しているような錯覚でした。私が損するように株価が動き出すのです。元手の40万円は、すぐに消滅しました。

敗因を考えると、デイトレードの売買タイミングでした。最初の頃は利益を確定できるタイミングが必ずありました。

そこで、デイトレードでなく長期間の投資にチャレンジしようと思いました。損失40万円のままでは悔いが残ります。

新たに元手30万円で有名会社の株を購入しました。デイトレードではないので、1週間ほど放置していました。

すると、なんと2008年9月15日にリーマン・ショックが起こりました。株価は見事に下落し、30万円で購入した株は、10万円以下になりました。20万円の損失です。

まさかリーマン・ショックが起きるとは思いませんでした。まるで私がリーマン・ショックを引き起こしたように感じました。

売らなければ損失にならないので、まだ(2018年9月)所有したままです。損失額は多少改善し、15万円ほどになりました。

株取引で総額50万円くらい損失を出して感じたことは、運が良くないと株で勝てないということです。いくら勉強したり努力しても、勝てる保証はありません。株は博打と同じだと感じました。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする