初めてのジャックラッセルテリア、魅力は甘えん坊で暴れん坊なところ

小さな暴れん坊

ジャックラッセルテリアは、
小さい身体ですが、運動量が豊富で、狩りの名手です。

暴れん坊ぶりを表現するのに、「軽トラックにF1エンジンを載せたようなもの」と言われることもあります。

生まれはイギリスです。キツネ狩り用に育てられていました。

体毛は長いのと短いのがあります。色は白と茶色と黒です。

ワンコと一緒ならストレスに負けない

現代のストレス社会では、毎日、癒しを求めたくなります。リラックスすることで体調を整えエネルギーを回復しなくてはなりません。

趣味やスポーツなども良いですが、やはり、ワンコは家族になりますので、無邪気な顔を見ると、ホントに癒やされます。

毎日、一生懸命に会社で仕事して、クタクタになって家に帰ると、玄関で出迎えてくれるワンコです。嬉しそうにシッポを振って出迎えてくれるのですからホントに癒やされます。

ワンコの嬉しそうな顔を見ると、嫌なことも忘れ、一日の疲れがふき飛んでしまいます。

どんなに忙しくても、どんなに遅い時間でも、必ず、出迎えてくれるのです。しかも、本当に会えるのが嬉しくて待っているのです。

ワンコは、飼い主を完全に信頼してくれます。幼い子供が、親を100%信頼するのと同じ、無垢な愛情と信頼です。

ほんとにかわいいですよ。

ジャックラッセルテリアの写真

ジャックラッセルテリアの魅力

ワンコと出会ったのは、家族でお台場に遊びに行ったときです。偶然に入ったペットショップで出会いました。

当時は、家族全員が、ワンコに関する知識は全くなく、ジャックラッセルテリアという犬種さえも知りませんでした。

ただ、生後2ヶ月のワンコの目を見て、あまりに可愛くて、離れることができず、我が家の家族になりました。

記憶では、そのときに、ペットショップの店員さんへ「どんな犬ですか?」と聞いたところ、「とても育てやすいですよ」と返事がありました。

2年後にわかったことですが、「育てやすい」という意味は、病気やケガをしない元気なワンコということでした。静かで言うことを聞くおとなしいワンコという意味ではありません。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする